2011年8月6日(土)都会のオアシス誕生。
都会のオアシス「浅野シンボルロード」が誕生。
小倉駅新幹線口の海側に、都心のシンボルとして、癒し、憩い、賑わいのオアシス、
「浅野シンボルロード」が誕生します。
音と光で演出した市内最大級の噴水や大芝生広場で、
水遊びや花見、紅葉、ウォーキング等、四季を通じて楽しむことが出来ます。
また、太陽光や風力発電、冷却効果のあるミスト等を整備し、低炭素のまちを見て感じることが出来ます。

特徴

8mの高さまで吹き上げる大噴水を始め、音と光と水のハーモニーを楽しむ噴水広場
四季を感じる樹木の中で、家族や仲間とレジャーやイベントを楽しむ大芝生広場
足にやさしいゴムチップで快適にウォーキング出来る園路
シンボルロードを一望にできる展望デッキ

施設内容

環境に配慮した再生材料の利用
自然エネルギー活用の「見える化」・「感じる化」の実現

マスコットキャラクター

光

太陽光発電の活用

風

風力発電の活用

緑

樹木や芝生の整備によるCO2の削減

水

噴水やミストによる冷却効果