ご挨拶

 北九州市では、電力需要が高まる近年において、低炭素社会の実現を目指した取り組みとして、電力エネルギーの有効利用に資する環境エレクトロニクスの研究に取り組んでおり、平成27年10月に市直営の環境エレクトロニクス研究所を開設しました。
 世界トップクラスの先進的な研究開発拠点を目指し、北九州学術研究都市において産業技術総合研究所、九州工業大学、北九州市立大学、早稲田大学をはじめとした研究機関との連携体制の形成を進めています。
 本研究所では、地域産業と一体となり、研究や人材育成を進める広域的地域貢献を念頭に置き、全国コンソーシアムや各地の研究機関、企業等と連携した、オープンイノベーションを目指した研究環境の構築を進めていきます。