• 基本理念
    基本方針
  • 医療センター
    宣言
  • 患者の権利と
    責務
  • 医療安全
    基本理念
  • 病院概要
     
  • 沿革
     
  • フロアマップ
     

『北九州市立医療センター基本理念』

「わたくしたちは公共的使命を自覚し心のこもった最高・最良の医療を提供します」


『北九州市立医療センター基本方針』

1.患者さんの権利 個人情報を保護し 患者さんの立場に立った医療を行います

2.十分な説明と同意による信頼関係のもとに 患者さんが満足できる医療を行います

3.安心かつ安らぎが得られる質の高い医療をめざし 安全管理を徹底します

4.常に研鑚して最高水準の医療知識・技術を習得し あわせて温かい心を持つ医療人をめざします

5.地域における役割を自覚し 地域の医療機関とともにその責務を果たします

6.合理的かつ効率的な病院経営に努めます

『北九州市立医療センター 宣言』

医療を取り巻く情勢が急速に変遷し、厳しさを増すなか、

北九州市立医療センターの今後のあり方、進むべき路について、宣言をここに行う。


市立病院として、北九州市とその周辺の人々へ、最高最良の医療をいかにして提供すべきかを検討、

集約したものである。この宣言に則り、職員一同が一丸となり、邁進して行くことを公示する。


1.地域に開かれた、高度な医療を提供する医療機関として、さらなる医療連携に努めます。

2.地域がん診療拠点病院、総合周産期母子医療センターの責務を全うします。

3.21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)に参画し、地域住民の皆さんの、

  疾病予防および治療活動に取り組みます。

4.医療安全管理を徹底し、安心して受診、入院して頂ける医療システムを確立します

5.患者さんの権利を尊重し、かつ十分な情報を提供した上での、医療を実践します。

6.IT化の実現、充実化、クリニカルパスの積極的導入などにより、効率的な経営基盤を構築します。

当院では、個人の尊厳を保持し、次に掲げる患者さんの権利を保護します。

また、患者さんには良質で安全な医療を受けるために次の責務があります。


患者さんの権利

【最善の医療を受ける権利】

 1.良質で安全な医療を公平に受けることができます。

【知る権利】

 2.病気、検査、治療方法、必要な費用に関して、十分な説明と情報提供を受けることができます。

 3.ご自身の診療録など診療情報の開示を求めることができます。

【自己決定できる権利】

 4.治療法などを自らの意思で自由に選択し決定することができます

 5.他施設の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。

【プライバシー保護の権利】

 6.個人情報を始めとするプライバシーの保護を受けることができます。  


患者さんの責務

1.良質で安全な医療を実現するために、ご自身の健康に関する情報を正確に提供してください。

2.納得できる医療を受けるために、十分な理解ができるまで質問してください。

3.他の患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障をきたすことのないように、

  病院の規則や社会的ルールを守ってください。


輸血を拒否される患者さんへ

 私たちは、患者さんに十分な情報を提供し、輸血を極力回避できる医療行為に努めます。

ただ、診療中に『生命の危機』が生じた場合は(輸血以外に救命できない場合)、拒否の有無に関わらず

速やかに輸血を行います。この方針は患者さんの意識の有無、自己決定権の有無、成年・未成年の別に

かかわらず適応いたします。

 以上の説明に承諾が得られない場合は他院への受診をお勧めします。


1.名称       北九州市立医療センター(キタキュウシュウシリツイリョウセンター)

2.所在地      北九州市小倉北区馬借二丁目1番1号

           〒802-0077

           TEL:(093)541-1831

           FAX:(093)533-8693

3.病院長      中野 徹

  副院長      大野 裕樹

           永島 明

           岩下 俊光

           浦部 由利

           三木 幸一郎

4.開設年月日    平成3年7月1日

5.開設者      北九州市

6.施設概要    ・敷地面積  16,706m2

          ・延床面積  本館:35,420m2、別館:6,465m2

          ・本館:地上9階、別館:地上6階

          ・駐車場    320台駐車可能

7.診療科目     総合診療科、内科、糖尿病内科、心療内科、消化器内科、呼吸器内科、

           循環器内科、小児科、皮膚科、精神科、緩和ケア内科、腫瘍内科、歯科、

           外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児外科、整形外科、呼吸器外科、産婦人科、

           総合周産期母子医療センター、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、麻酔科、

           病理診断科、放射線科

8.病室・病床数    247室・636床

            一般…235室620床

            感染症…12室・16床

9.指定病院     第二種感染症指定医療機関、労災指定病院(H11.4)

           災害拠点病院 (H11.5)

           臨床研修指定病院(H15.10)

           総合周産期母子医療センター指定(H13.12)

           地域がん診療連携拠点病院指定(H14.8)

           臨床研修協力病院(H16.3)

           地域医療支援病院(H23.4)

10.研修施設等   学会認定医制度研修施設および学会認定教育施設

           臨床研修指定病院           日本皮膚科学会認定専門医研修施設

           臨床修練指定病院(外国人医師)    日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設

           日本内科学会認定医制度教育病院    日本泌尿器科学会専門医教育施設

           日本消化器病学会指導施設       日本麻酔科学会麻酔指導病院

           日本消化器内視鏡学会指導施設     日本ペインクリニック学会指定研修施設

           日本肝臓学会認定施設         日本放射線腫瘍学会認定施設

           日本呼吸器学会認定施設        日本臨床腫瘍学会認定研修施設

           日本呼吸器内視鏡学会認定施設     日本緩和医療学会認定施設

           日本循環器学会専門医研修施設     日本脳卒中学会認定研修教育病院

           日本糖尿病学会認定教育施設      日本病理学会認定病院

           日本リウマチ学会教育施設       看護専門学校等実習病院

           日本感染症学会認定研修施設      救急救命士受入病院

           小児科専門医研修支援施設       日本病院総合診療医学会認定施設

           日本外科学会専門医制度修練施設    日本大腸肛門病学会認定施設

           日本消化器外科学会専門医修練施設   日本病理学会研修認定施設

           日本乳癌学会専門医制度認定施設    日本がん治療認定医機構認定研修施設

           日本胸部外科学会指定施設

           呼吸器外科専門医制度基幹施設

           心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設

           日本小児外科学会認定施設

           日本高血圧学会専門医認定施設

           日本内分泌・甲状腺外科専門医制度認定施設

           日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練認定施設

           日本整形外科学会認定研修施設

           日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設

           日本医学放射線学会専門医総合修練機関

           日本周産期新生児医学会専門医制度母体・胎児研修施設

           日本周産期新生児医学会専門医制度新生児研修施設

           日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設

11.設備・病棟等  ・施設設備  リハビリテーション室、新生児入浴施設、手術室、無菌手術室

           ・病棟 

医療センターのはじまり

 明治6年4月、企救郡立の小倉医学校兼病院が設立されました。

これが現在の市立医療センターのはじまりです。

 明治33年4月、小倉町の市制施行に伴い、小倉市が郡立病院を買収し、

市立小倉病院として発足しました。その後、一時県立病院の時代もありましたが、

昭和22年には小倉市立病院と改称、そして昭和38年2月、

旧五市合併によって北九州市立小倉病院となりました。

 昭和43年10月には九州で初めてがんセンターを付設し、高度医療の推進に努めてきました。


北九州市立医療センターの誕生

 平成3年3月に本館が完成。同年5月から診療を開始し、さらに7月には

名称も北九州市立医療センターとなり、北九州市立病院群の中核病院として位置づけられました。

その後、平成4年4月に感染症病棟の開設など、

常に高質の医療を提供するため、ソフト・ハードの両面からその充実を図っています。


明治 6年 4月  企救郡立小倉医学校兼病院として開設

   8年 4月  企救郡立から小倉県立になる

   9年 4月  小倉県の廃止により福岡県立となる

  10年 3月  福岡県立小倉医学校兼病院廃止

  11年 9月  企救郡立小倉医学校兼病院として再開

  31年 1月  馬借町の現在地に新築移転

  33年 4月  小倉市制の施行により、小倉市立病院となる

昭和19年 4月  病院施設を県に寄付し、福岡県立医学歯学専門学校付属病院となる

  22年 7月  学制改革に伴い、再び小倉市立病院となる

  38年 2月  北九州市の発足に伴い、北九州市立小倉病院となる

  43年10月  北九州市立小倉病院付設がんセンターを開設

  46年 4月  厚生大臣指定の臨床研修病院となる

     10月  がんセンター専用病棟を開設

平成 3年 3月  小倉病院(総合基幹病院)新棟完成

      5月  新棟での診療開始

      7月  名称を「北九州市立医療センター」に改称

   4年 4月  感染症病棟を開設(許可病床50床)

      8月  立体駐車場を開設

  13年 4月  別館の完成。脳神経外科・心臓血管外科・精神科(外来)を新設

      6月  緩和ケア病棟を開設

     12月  総合周産期母子医療センターに指定

  14年 3月  日本医療機能評価機構(一般病院種別B)より認定

      8月  地域がん診療連携拠点病院に指定

  15年10月  臨床研修指定病院に指定

  16年 3月  臨床研修協力病院に指定

  20年 7月  外来化学療法センターを開設

  23年 4月  地域医療支援病院承認