• 当科について
     
  • 診療実績
     
  • 得意分野及び
    対象疾患
  • 医師紹介
     
  • 初診担当表
     

女性の人生の大きな部分に関わる専門家として治療を行っています。

 北九州市立医療センター産婦人科は、総合周産期母子医療センターとしての産科と、 地域がん診療拠点病院としての婦人科を中心として診療を行っています。


産科

 北九州市立医療センターは、2001年12月7日に「総合周産期母子医療センター」の指定を福岡県から受けました。 北九州市およびその近郊においてのハイリスク妊娠や ハイリスク新生児の診断・加療について中心的な役割を担い、 胎児要因や母体要因による母体搬送の受け入れ、緊急分娩や異常分娩への小児科医の立ち会い、 そして異常新生児の受け入れを24時間体制で行っています。 新生児の外科疾患の手術も小児外科で数多く行われています。 また、北九州市立医療センターには脳神経外科、循環器科や心臓外科など、産科以外の救命に必要な科も揃っています。
 2003年5月26日からドクターカーの運用を開始し、新生児搬送と母体搬送に利用しています。 2006年4月からは周辺の病院における産科診療の中止や縮小を受け、 北九州市および北九州市医師会の協力のもと、 妊娠の診断や正常妊娠・分娩の管理を診療所にお願いして、北九州市立医療センターではハイリスク妊娠やハイリスク分娩、 母体救急の診療に専念する役割分担のシステムをとっています。

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/18300113.html


 産科部門には、合併症妊娠、多胎妊娠、妊娠中毒症、切迫早産、胎盤異常、胎児異常などの ハイリスク妊娠を対象に母体・胎児の集中管理を行う母体・胎児集中治療管理室(MFICU)が6床あり、 一般産科病床31床と合わせて37床のベッド数を有しています。
 新生児部門には、人工呼吸療法が必要な超低出生体重児や極低出生体重児などの 重症新生児を管理する新生児集中治療管理室(NICU)が9床あり、 一般新生児病床21床と合わせて30床のベッド数があります。
 2017年の分娩数は430件(そのうち26件が双胎)で、帝王切開分娩は192件(帝王切開率44.6%)でした。 救急車による母体搬送の数は120件ありました。 妊娠37週未満の早産の分娩数は108件で、そのうち妊娠28週未満の早産数は3例でした。


婦人科

 北九州市立医療センター産婦人科では、手術治療、悪性疾患を中心に診療を行っています。 婦人科手術は年間約350例で、そのうち悪性疾患の手術は100~130例です。腹腔鏡手術は約100例行っています。 治療ガイドラインに則った最適最良の標準治療を行なっています。 日本産科婦人科学会(http://www.jsog.or.jp/)の婦人科腫瘍委員会ホームページ⇒データブックに北九州市立医療センターのデータも掲載しています。



2017年 診療実績

外来患者数
延患者数 18,720
1日平均患者数 76.1
入院患者数
延患者数 15,439
1日平均患者数 42.3
  産科
入院患者数 573
延患者数 6,741
1日平均患者数 18.5
  婦人科
入院患者数 770
延患者数 8,698
1日平均患者数 23.8

周産期

分娩総数 430
経膣分娩 238
帝王切開分娩 192
緊急母体搬送数 120
紹介即日入院数 38
MFICU入院数 93
ICU入院数 1
分娩週数 (出生児数 452)
22-27 3
28-36 105
37-41 343
42- 1

手術

手術総数 614
産科手術数 239
 帝王切開術 192
  選択的 83
  緊急 107
  子宮切開術 2
 頸管縫縮術 10
 流産手術 33
 その他産科手術 4
婦人科手術数 375
 悪性腫瘍及び類縁疾患 179
 子宮頸癌 19
  広汎子宮全摘出術 17
  単純子宮全摘出術 1
  円錐切除術 1
 子宮頸部上皮内病変 68
  腹式単純子宮全摘出術 4
  腹腔鏡下子宮全摘出術 6
  円錐切除術 34
  レーザー蒸散術 24
 子宮体癌 37
  単純子宮全摘出術+リンパ郭清 20
  準広汎子宮全摘出術 2
  単純子宮全摘出術 7
  全面掻爬術 1
  腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術 7
 子宮内膜増殖症 14
  腹式単純子宮全摘出術 1
  腹腔鏡下子宮全摘出術 1
  子宮内膜全面掻爬術 12
 卵巣癌、卵管癌、境界悪性腫瘍 30
  初回Staging手術 27
  付属器摘出術 3
 胞状奇胎手術 6
 その他悪性腫瘍手術宮頸癌 5
 良性疾患 196
 子宮付属器腫瘍摘出術 98
  開腹 23
  腹腔鏡 75
 単純子宮全摘出術 31
 腹腔鏡下子宮全摘出術 9
 子宮外妊娠手術 11
  開腹 1
  腹腔鏡 10
 子宮脱手術 7
  腟式子宮全摘出術、腟壁形成 5
  腹腔鏡補助下腟式子宮全摘出術 1
  マンチェスター 1
 子宮鏡下手術 14
 コンジローマレーザー蒸散術 9
 そのほか良性疾患手術 7

癌(初回治療例)

子宮頸癌 37
子宮体癌 40
卵巣癌 23
その他の癌 6
106
CIN3 38
卵巣境界悪性腫瘍 6

産婦人科

ハイリスク妊娠・分娩
婦人科悪性腫瘍
婦人科手術全般
産婦人科救急疾患


統括部長 兼 主任部長 尼田 覚


専門分野:婦人科腫瘍
専門医等:日本産科婦人科学会専門医・指導医
     日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
     日本臨床細胞学会細胞診専門医
     母体保護法指定医師
     がん治療認定医
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本婦人科腫瘍学会 / 日本臨床細胞学会 /
     日本癌治療学会 / 日本産婦人科医会

 日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設に認定され、
女性の人生に大きく関わるがん診療の専門科として、治療ガイドラインに
則った最適・最良の標準治療を行っています。
また、女性医師も年々多くなり、働きやすい職場づくりにも取り組んでいます。



総合周産期母子医療センター長(主任部長)髙島 健


専門分野:周産期
専門医等:日本産科婦人科学会専門医・指導医
     日本周産期・新生児医学会母体・胎児専門医・暫定指導医
     母体保護法指定医師
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本産婦人科医会 /
     日本周産期・新生児学会
     
 北九州市東部から福岡県東南部、大分県北部までの
周産期医療を担い、西日本でも有数の病床数です。
他科や看護スタッフとの連携が常に円滑に迅速に当たり前に
行われている理想的な環境です。



藤原 ありさ 

専門分野:周産期、産婦人科一般
専門医等:日本産科婦人科学会専門医・指導医
     日本周産期・新生児医学会母体胎児専門医
     臨床遺伝専門医
     臨床研修指導医
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本周産期・新生児医学会 / 日本人類遺伝学会 /
     日本超音波学会 / 日本産科婦人科内視鏡学会 / 日本産婦人科遺伝診療学会 /
     日本婦人科腫瘍学会 / 日本臨床細胞学会



北村 知恵子 

専門分野:腹腔鏡手術、産婦人科一般
専門医等:日本産科婦人科学会専門医・指導医
     女性アスリート健康支援委員会講習会受講医師
     新リンパ浮腫研修修了医師
     母体保護法指定医師
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本産科婦人科内視鏡学会



中野 章子

専門分野:産婦人科一般
専門医等:日本産科婦人科学会専門医
     女性アスリート健康支援委員会講習会受講医師
     新リンパ浮腫研修修了医師
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本婦人科腫瘍学会 / 日本女性医学会



舘 慶生

専門分野:婦人科腫瘍
専門医等:日本産科婦人科学会専門医
     がん治療認定医
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本婦人科腫瘍学会



魚住 友信

専門分野:婦人科腫瘍、産婦人科一般
専門医等:日本産科婦人科学会専門医
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本婦人科腫瘍学会 / 日本周産期・新生児学会



藏本 和孝

専門分野:不妊 / 内分泌
学会関係:日本産科婦人科学会 / 日本生殖医学会



廣谷 賢一郎

専門分野:産婦人科
学会関係:本産婦人科学会 / 日本臨床細胞学会



小林 裕介

専門分野:産科 / 婦人科
学会関係:日本産科婦人科学会

                           (平成30年4月1日現在)

診療科
 






産婦人科
  
 
〇髙島 健
 
 
藤原 ありさ
 
 
(交替)
 
 
〇髙島 健
 
 
藤原 ありさ
 
 
北村 知恵子
 
 
中野 章子
 
 
中野 章子
 
 
北村 知恵子
 
 
舘 慶生
 
 
〇尼田 覚
 
 
舘 慶生
 
 
〇尼田 覚
 
 
廣谷 賢一郎
 
 
魚住 友信
 
 
魚住 友信
 
 
藏本 和孝
 
 
野田 彩子
 
   
野田 彩子
 
 
青山 瑶子
 

〇診療科主任部長

    母親教室:木 14:00~
    産後検診:火(午後)
子宮頸癌ワクチン:水 13:00~15:00


※初診の受付時間は8時から11時までです。
※外来初診には原則として診療情報提供書が必要です。
[医療連携室]TEL:093-533-8660(直通)
      FAX:093-533-8718