• 当科について
     
  • 診療実績
     
  • 得意分野及び
    対象疾患
  • 初診担当表
     

歯科

当院歯科は各種がん治療を行う患者様を対象に口腔に関連する副作用・合併症の予防や 軽減などを目的として口腔機能・衛生管理(口腔ケア)を行う周術期口腔機能管理に力を入れています。 周術期口腔機能管理とは、全身麻酔下に外科的手術を受けられる患者様を対象に 術後の誤嚥性肺炎などの合併症の予防を目的に2012年度の診療報酬改定により新設され、 各種がん治療などを行う医師との連携のもとに歯科が治療前後の患者様の口腔管理を行います。 がん等の手術後、放射線治療後、がん化学療法後の口腔に関連する副作用・合併症に緩和させ、 生活の質を保った生活や療養を可能にすることが口腔機能管理の大きな目的です。 具体的には当院歯科では下記のことを念頭に口腔機能管理を取り組んでいます。


1.創部感染の予防

頸頭部がんの再建手術においては口腔内の細菌が創部感染を起こすことが知られています。 術後の創部感染は手術成績を左右する要因となるため、手術前後で口腔ケアを行うことで、 口腔内の細菌数を減らし創部感染の発症頻度を減少させるように努めています。 心疾患と歯周病は深い繋がりがあることが知られています。 心臓手術前には感染源となり得る歯は積極的に除去することで術後の感染症の発症を 減少させることが知られており、手術前に治療の必要性があると判断した場合には 適切な治療を行うように心掛けています。


2.術後誤嚥性肺炎の予防

口腔内に存在する歯垢1g中には約1億という非常に多くの細菌がいると考えられています。 全身麻酔での手術時には呼吸管理を行うにあたり、気管にチューブを挿入する(気管挿管)際に、 多くの細菌を肺の中に押し込んでしまうリスクが生じます。 これらの細菌が術後に肺炎を発症する原因となるため、手術前に口腔ケアを行うことで 細菌数を減らして手術に臨んでもらうようにしています。


3.気管挿管時のトラブルの予防

動揺している歯(動揺歯)があると、気管挿管時に使用する器具や気管チューブが接触することにより 歯が抜け落ちることで、誤飲する危険性があります。 こういった動揺歯は固定および抜歯などの治療もしくは気管チューブの固定の位置を工夫することで、 意図しない術中の事故を回避するようにしています。


4.放射線療法、がん化学療法、骨髄移植時の口腔内トラブルの予防

がん治療放射線療法、化学療法、血液疾患に対する骨髄移植では口腔粘膜炎が出現します。 口腔粘膜炎が出現すると痛みによるモチベーションの低下で治療が中断してしまう場合もあります。 口腔粘膜炎の対策としては、
①感染制御を目的に口腔ケア、
②痛みの悪化や治癒阻害に関与する乾燥を保湿で防ぐ、
③鎮痛薬の服用や局所麻酔薬入りのうがい薬で痛みを和らげることに努めています。
また、治療による副作用として顎骨骨髄炎や顎骨壊死と呼ばれる症状を引き起こすことがあります。 これに対しては治療開始前に残っている歯の予後を見込み、 必要に応じて抜歯を行うとともに口腔衛生状態を改善することで発症のリスクを軽減させます。





歯科

 平成28年の新患総数は、551名、総受診数は3066人です。
 下記に月別の受診者数の推移、初診患者の内訳を掲載します。初診の8割以上はがん患者で、周 術期口腔機能管理の割合が多くなっています。それに続いて、化学療法前後の患者が多くなっていま す。また、がん患者以外では義歯関係の治療が多く、続いてう蝕治療の順となっています。



歯科

 当科では主に厚生労働省が定めるがん対策推進基本計画に基づいたがん治療などを 実施する医師と連携し、術前からの口腔管理と化学療法・放射線療法(血液疾患を含むすべてのがん) における口腔管理を、一連の包括的な口腔機能管理とする「周術期口腔機能管理」を行っています。 全身麻酔を受けられる患者さんには術後の誤嚥性肺炎などの合併症の予防を目的に専門的な 口腔ケアを行っています。
 また、化学療法・放射線療法を受けられる患者さんには治療を伴う副作用 (口内炎、味覚異常、口腔乾燥など)の予防と症状の軽減を目的に、口腔内のトラブルで治療が 中断しないように専門的な口腔ケアを行っています。







(原則、入院患者の診療を行っています。)