• 当センターについて
  • 診療実績
  • 医師紹介

外来化学療法センター・腫瘍内科

地域がん診療連携拠点病院に指定されています。


 当医療センターは平成14年8月に地域がん診療拠点病院に指定され、

つづいて平成20年には地域がん診療連携拠点病院に更新認定されています。

 がんの治療は外科治療、放射線治療、薬物療法による集学的な治療が必要であり

各科の協力によりおこなわれています。

以前は抗がん剤治療には長期の入院が必要でしたが、吐き気止めや投与方法などの進歩により、

患者さんの生活の質の向上をめざした外来通院での治療が可能となりました。

 当医療センターでも年間6000件をこす外来での抗がん剤治療をおこなっています。

抗がん剤を安心して快適に受けていただけるよう、

専用の外来化学療法センターを平成20年7月に開設いたしました。

 主治医、専任の看護師、薬剤師とともにチーム医療をおこない

安全で効率の良い化学療法を実践し北九州地区のがん診療連携拠点病院として、

地域の医療に貢献していきます。

外来化学療法センター・腫瘍内科


主任部長,センター長 若松 信一


専門分野:固形腫瘍、化学療法
専門医等:日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医・指導医
     日本乳癌学会認定医      
     日本内科学会認定内科医




 外来化学療法に専任の医師が常駐し、九州で1、2の症例件数があるため、
さまざまな悪性腫瘍疾患に対する抗がん薬治療を安全に行える体制となっています。



佐藤 栄一

専門分野:腫瘍内科 / 血液疾患 / 感染症
専門医等:日本内科学会認定医
     日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
     臨床研修指導医
学会関係:日本内科学会 / 日本臨床腫瘍学会 /
     日本感染症学会 / 日本血液学会 /
     日本緩和医療学会 / 日本がんサポーティブケア学会