• 当科について
     
  • 診療実績
     
  • 得意分野及び
    対象疾患
  • 医師紹介
     
  • 初診担当表
     

総合診療科

患者がどの様な病を患っているかより、
どの様な患者が病をわずらっているかを知るをモットーに
患者さんと関わっています。

 近年、医療の進歩に従い、多くの医療現場では臓器や領域ごとに細分化された診療科で専門的な診療や治療が行われています。当センターには22の診療科があり、内科は一般内科(血液、肝臓、膠原病、感染症の4部門)、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内科、心療内科に細分化され専門的診療を行っています。しかし、来院患者さんがどの科を受診すれば良いか迷う事態が生じてきたため、振り分けを主目的とした総合外来を開設しました。その後、2002年から総合診療科が設置され、総合外来を一般内科と共同で担当しています。
 総合診療科では、総合的、全人的な診察を行い診断を絞り込み、他科へ紹介(疾患によっては適切な専門病院へ紹介も含む)、もしくは併診を行っています。また、該当する科が不明な疾患や一般診療で対応可能な疾患などは総合診療科で診療を行っており、当センターに来院した初診患者さんが適切な診療科に受診し、診察、治療を受けられるように努めています。
 常勤スタッフは、一般内科の感染症部門兼務。医師1名、後期研修医としてレジデントが1名在籍しています。
 外来では診断がつかない不明熱などが総合診療科の入院対象となります。原因としては、感染症や膠原病等が多く、一般内科病棟(別館三階)と感染症病棟(陰圧空調設備を整えた西2階病棟16床)にて入院診療にあたっています。

総合診療科

 感染症(デング熱、マラリアなどの輸入感染症、インフルエンザ、新型インフルエンザ、 MERSの疑い、髄膜炎、脳炎、肺炎、尿路感染症、皮膚軟部組織感染症、敗血症、 化膿性椎体炎、腸管感染症、HIV感染症、糞緑虫症、トキソカラ症、ジアルジア症などの 寄生虫感染症、マダニ咬症など)
 内科一般(電解質異常症、Creutzfeldt-Jakob病、偽性Bartter症、Gitelman症候群、 血球貪食症候群、Fisher症候群、血管炎症候群、慢性呼吸不全、アカラシア、 甲状腺機能低下症、Cushing症候群、POEMS症候群、ネフローゼ症候群、急性間質性肺炎、 不明熱、各種膠原病、各種悪性腫瘍など)
〇総合外来 初診患者数 823名(2015年1月~12月)

総合診療科

感染症全般、内科一般


主任部長 内田 勇二郎

専門分野:総合診療科 / 感染症内科
専門医等:日本内科学会総合内科専門医 
     日本感染症学会専門医
学会関係:日本内科学会 / 日本感染症学会 /
     日本病院総合診療医学会 / 日本化学療法学会



佐藤 依子

専門分野:感染症 / 内科一般
専門医等:日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
     インフェクションコントロールドクター
     抗菌化学療法認定医
学会関係:日本内科学会 / 日本感染症学会 /
     日本化学療法学会 / 日本環境感染学会



白石 研一郎

専門分野:感染症
学会関係:日本内科学会 / 日本感染症学会 / 日本救急医学会九州地方会

                           (平成30年10月1日現在)

診療科
 
総合外来
  
 
〇内田 勇二郎
 
 
山野 裕二郎
佐藤 依子 
 
〇内田 勇二郎
 
 
〇内田 勇二郎
佐藤 依子 
 
山野 裕二郎
佐藤 依子 

〇診療科主任部長


※初診の受付時間は8時から11時までです。
※外来初診には原則として診療情報提供書が必要です。
[医療連携室]TEL:093-533-8660(直通)
      FAX:093-533-8718