病院情報の公表について

平成28年度 DPC指標(厚生労働省DPC評価分科会による病院情報の公表)

(1)年齢階級別退院患者数

(2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

(3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

(4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

(5)脳梗塞のICD10 別患者数等

(6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

(7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・処置等の合併症の発生率)


♦はじめに

臨床指標とは、医療の質を具体的な数値で示し、客観的に評価することを可能としたものです。
指標を分析し、経年変化をみていくことによって、必要により改善等を行い、医療の質の向上に
生かしていきたいと考えています。
また、地域の皆様に当院の特徴や現在の急性期医療についてより理解を深めていただくことを
目的とし、指標を公表しておりますが、必ずしも病院間の医療の質の差を表すものではありません。


■全体の集計方法と定義

〇当院の入院診療請求はDPC制度を導入しております。DPC制度とは、急性期入院医療を対象とした
 包括評価制度のことです。入院について医療資源を最も投入した傷病名、手術・処置等の組み合わせに
 より「診断群分類」が決まり、1日の包括点数が定められています。
 DPC指標はこのDPC制度に基づいた入院のデータから算出しています。
〇平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日)までに退院された患者さんが対象です。
〇医療保険を使用された患者さんのみを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等は含めません。 〇平均年齢は、最初の入院日時点の年齢を基準としています。
〇「転院率」は転院症例数/全退院数として算出しています。(DPC対象患者のみ)
〇臨床指数(DPC指標)は、株式会社ヒラソルの開発ツール「girasol」を使用し、作成しています。
〇患者数が10未満の症例は、規定により“-(ハイフン)”を記入しております。