• チームのご紹介
     
  • 目的と基本姿勢
     
  • メンバーと
    その役割
  • 対象となる方々
     
  • チームへの
    ご相談

名称:北九州市立医療センター・緩和ケア(がん治療支援)チーム(Palliative Care Team:PCT)

 2004年4月、北九州市立医療センター別館の完成とともに「緩和ケア病棟」が設立され、

がん性疼痛患者の入院下の症状緩和が行われてきました。

ところが、WHOにより緩和ケアの新しい定義1)が示されたことおよび2007年4月にがん対策基本法2)が

施行されたのに伴い、「緩和ケア病棟」とは別に、入院外来を問わず治療の早期から、

がんなどの生命を脅かす病気と診断された患者さんの、身体的・精神的苦痛の軽減に取り組む、

緩和ケアチーム(PCT)を設置する必要が生じました。

そこで、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、社会福祉士などからなる

北九州市立医療センター・緩和ケアチーム(PCT)が、2007年6月4日に発足しました。

さらに、早期からの緩和ケアを明確に認知していただくため、

緩和ケア(がん治療支援)チームと名称を改めました。


緩和ケアの新しい定義1)

緩和ケアは、生命を脅かす病気に起因した諸問題に直面している患者と家族のQOLを改善する方策で、

痛み、その他の身体的、心理的、スピリチュアルな諸問題の早期かつ確実な診断、

早期治療によって苦しみを予防し、苦しみから解放することを目標とする。(2002年WHO)


がん対策基本法2)

2007年4月1日施行「早期発見」、「治療・緩和ケアの均てん化」、「研究の推進」を3本柱としています。

このうち「治療・緩和ケアの均てん化」では、

①専門的な知識及び技能を有する医師その他の医療従事者の育成、②医療機関の整備等、

③がん医療に関する情報の収集提供体制の整備等とともに、

④がん患者の療養生活の質の維持向上が、重点課題として取り上げられています。

緩和ケア(がん治療支援)チーム(PCT)の目的と基本姿勢

 第一の目的は、がんなどの生命を脅かす病気(がんだけでなく重症の呼吸器疾患、

神経筋疾患などを含みます)による、身体的(痛み、倦怠、食欲低下、呼吸困難、不眠など)および

精神的な苦痛を抱えた患者さんとその家族に、

専門的な立場より、症状の緩和について助言および実践を行うことです。そのためには、

①患者さんの同意のもとに治療を行う、

②身体症状のみならず精神症状の両方についてケアを行う、

③治療計画を立て患者さんに十分な説明を行う、

ことを基本姿勢としています。

緩和ケア(がん治療支援)チーム(PCT)のメンバーとその役割

北九州市立医療センターでは、次のようなスタッフで緩和ケア(がん治療支援)チームを構成しています。

医師 身体的諸症状、精神的問題の緩和

神代正臣(麻酔科)、大場秀夫(緩和ケア内科)、

福留克行(心療内科)、大橋綾子(精神科)


看護師 患者・家族への直接ケア、外来・病棟スタッフのサポート

太郎良純香(がん性疼痛看護認定看護師・緩和ケアチーム専従)、

栗田睦美(緩和ケア認定看護師・緩和ケア病棟看護師長)


薬剤師 薬剤管理指導、リスクマネジメント、PCTへの医薬品情報提供

山田真裕(緩和薬物療法認定薬剤師)、岩永彩佳


理学療法士 ベッドサイドの動作の援助、疼痛軽減のための姿勢管理、呼吸訓練

村岡雄大


管理栄養士 栄養状態の評価、栄養補給法の提言

中山由紀子


臨床心理士

兵頭憲二


医療福祉士(MSW) 病気に伴って起こる生活上の問題の相談、在宅療養・転院のサポート

 入院・外来を問わず、身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛をもつ

すべての患者さんおよびその家族を対象とします。

病気の進行の度合いに関わらず、病気と診断された時から、症状緩和の対象となります。

また、現在あるいは将来の治療の内容にも関わりません。

もちろん、緩和ケア病棟への入院を前提にはしません。

緩和ケア(がん治療支援)チーム(PCT)へのご相談

緩和ケア(がん治療支援)チーム外来にご相談下さい。

患者さんご本人、ご家族の方、全ての医療従事者の方々からのご相談を受け付けています。