北九州市に移住・定住するための北九州市公式情報サイト「北九州ライフ」

北九州ライフ

移住・定住に関するお問い合せは093-582-2174

お祭りからお出かけスポットまで、
まちの魅力満載!

にぎわい

祭り&花火大会

北九州市の夏は祭り一色。
地域に根付き、市民に愛されている祭りがたくさんあります。
祭りの基本は、みんなで参加して、みんなで楽しむこと。
観ているだけでも楽しくて、まち中が祭りの熱気に包まれます。

  • わっしょい百万夏まつり

    幕開けは、約50チームが踊るYOSAKOI、山笠・山車が一堂に集まる「夏まつり大集合」や総勢約1万人が踊り歩く「百万踊り」など、北九州市の夏祭りが一度に楽しめます。

    わっしょい百万夏まつり

  • 小倉祇園太鼓

    映画「無法松の一生」でも知られる勇壮・優美な太鼓祇園。全国的にも珍しい両面打ちによる太鼓の音が、小倉のまちに響きます。

    小倉祇園太鼓

  • 関門海峡花火大会

    関門海峡を挟んで、両岸の門司会場と下関会場から競うように花火が打ち上げられます。大玉の連発や音楽花火など、大輪の花火が海峡の夜空を彩ります。

    関門海峡花火大会(外部リンク)

  • 戸畑祇園大山笠

    昼は幟山笠、夜は提灯山笠の光のピラミッドが楽しめる国指定重要無形文化財。平成26年日本夜景遺産に認定されました。

    戸畑祇園大山笠

  • 黒崎祇園山笠

    見どころは、極彩色の人形飾山がぐるぐると回転する「回し練り」。「けんか山笠」とも呼ばれる勇壮な山の動きは迫力満点です。

    黒崎祇園山笠

  • 小倉祇園の「祇」という文字は、正式には「示氏」ですが、OSにインストールされているフォントにより偏が「示」「ネ」と変わることがあります。

    戸畑祇園・黒崎祇園の「祇」という文字は、正式には「ネ氏」ですが、OSにインストールされているフォントにより偏が「ネ」「示」と変わることがあります。

文化・スポーツ

北九州市は、誰もが文化やスポーツを楽しむことができるまち。
松本零士氏が名誉館長を務める北九州市漫画ミュージアムをはじめ、文学、演劇、 音楽イベントなどで、
全国に質の高い文化を発信しています。
そしてプロサッカーチーム「ギラヴァンツ北九州(外部リンク)」が市民の心を熱くしています。

文化芸術の催し

  • 北九州市立文学館

    北九州市にゆかりのある文学者を紹介するとともに貴重な文芸資料の展示のほか、パネルや映像を通して北九州市が持つ豊かな文芸土壌に触れることができます。 

    北九州市立文学館

  • 北九州市漫画ミュージアム

    地元ゆかりの漫画家の作品展示のほか、漫画の歴史や仕組みについて解説するコーナー、約5万冊の漫画を閲覧できるコーナーなどがあり、漫画の魅力に触れることができます。

    北九州市漫画ミュージアム

  • 北九州マラソン

    市制50周年記念事業のフィナーレイベントとして2014年に初開催されました。1万人を超えるランナー、そしてランナーたちを支えるボランティアと沿道の応援により、まちににぎわいを創出します。

    北九州マラソン

体感スポット

北九州市には、思い立ったら気軽に行けるおでかけスポットが揃っています。
観るだけではなく、到津の森公園で動物と触れ合ったり、
大人も子どもも夢中になって楽しめるところがいっぱいです。

  • 到津の森公園

    約100種類の動物に出会える到津の森公園。
    動物の生息地にあわせた飼育空間づくりや観察経路の工夫で、より自然な姿の動物を見ることができます。

    到津の森公園(外部リンク)

  • 響灘ビオトープ

    広さ41ha、日本最大級の生き物たちの楽園。
    自然と触れ合いながら生物多様性の重要性や生態系の仕組みを学ぶことができます。

    響灘ビオトープ(外部リンク)

  • グリーンパーク

    「水・緑・そして動物たちとのふれあい」を基本テーマとした市内最大の公園。
    大芝生広場、熱帯生態園、カンガルーと触れ合えるひびき動物ワールドなどがあります。

    グリーンパーク(外部リンク)
    ひびき動物ワールド(外部リンク)

  • 関門橋

    九州と本州をつなぐ関門橋は、1973年に開通した全長1,068mのつり橋。
    海峡の海岸沿いにある観潮遊歩道では、行き交う船を眺めながら散策が楽しめます。

  • 旦過市場

    100軒を超える店が軒を連ねる、活気にあふれた北九州の台所。
    新鮮な青果や鮮魚、手作り惣菜などが所狭しと並んでいます。

    旦過市場(外部リンク)

  • 河内貯水池

    製鉄用水の確保のために建設された貯水池は、桜、緑、紅葉と四季折々の美しさを見せてくれます。
    赤い「南河内橋」は国の重要文化財に指定されました。