北九州市に移住・定住するための北九州市公式情報サイト「北九州ライフ」

北九州ライフ

■お問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  1. KItakyushu Life
  2. 教育

教育

ここで子どもを学ばせたい、そんな気持ちが生まれるまちへ。

 北九州市では、子どもの可能性を開く学校教育の充実や、家庭・地域・企業の力を生かした学校環境の整備に努めています。ボランティアの学習指導員が子どもたちに勉強の方法を教える子どもひまわり学習塾や、全国に先駆けて実施したスクールヘルパー、地元企業による小学校応援団など、地域社会全体で未来を担う子どもたちの教育を支えています。

子どもひまわり学習塾

 児童生徒の学習習慣と基礎的・基本的学習内容の定着を図るための支援として、放課後などを利用し、小・中学校の教室で自主学習を行う「子どもひまわり学習塾」を実施しています。教員OBや大学生、地域の人などが自主的な学びをサポートすることで、児童生徒に分かることの喜び、学習することの楽しさを知る機会を提供しています。

スクールヘルパーを市立全学校に配置

 保護者や地域、学生などの協力を得て全ての市立学校にスクールヘルパーを配置しています。様々な知識や経験を生かしながら、学校教育の場においてボランティアとして活動し、通学路の安全確保、授業の手伝い、障害のある児童生徒への支援、本の読み聞かせなどを行います。
学校の教育活動を多くの市民が支えています。

社会教育施設の充実

 子どもから高齢者まで、あらゆる世代の市民が生き生きと学ぶ場として、図書館や博物館など社会教育施設の充実を図っています。

北九州の企業人による小学校応援団

 企業がもつ人材や経営のノウハウなどを学校教育に活かすため、地元企業229社(平成28年1月現在)が「北九州の企業人による小学校応援団」を結成し、市立小学校へ出前授業や体験学習などの支援を行っています。

思春期健康教室

 小・中学校では、思春期の子どもたちが自分たちの心と身体を大切にすることを学べるよう、医療・地域・行政などと協働して「思春期健康教室」を実施しています。

35人以下学級の実施

 教員が児童生徒一人ひとりに向き合う時間を確保し、また児童生徒が学校生活に円滑になじめるよう、小学校1・2・3年生および中学校1年生において、35人以下学級を実施しています。また、小学校4年生及び中学校3年生でも学校の状況に応じて35人以下学級を実施しています。

外国語教育の推進

 小学校・中学校・高等学校へALT(外国語指導助手)を計画的に配置し、英語教育の充実を図っています。小学校高学年から外国の言語や文化について体験的に理解を深めていくとともに、物おじせずに外国人と積極的にコミュニケーションを図ることのできるグローバル人材の育成を目指します。

充実した特別支援教育

 市内の障害のある子どもたちが通う特別支援学校が10校(県立2校、市立8校)あり、政令市の中でも、市立の特別支援学校の学校数が充実しています。
 また、複数の障害に対応する特別支援学校が、平成28年度に2校開校しました。
それぞれの学校では、障害の特性に応じた学習活動、臨床心理士や企業関係者の専門家の活用などを行い、一人ひとりの子どもたちの自立や社会参加を目指した教育を行っています。

教育

ページの先頭へ

北九州市企画調整局地方創生推進室

〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2174 FAX:093-582-2176
E-mail:kikaku-chihousousei@city.kitakyushu.lg.jp

Copyright © 2016 CITY OF KITAKYUSHU All Rights Reserved.