ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 農林業・水産業振興 > 農林業の振興 > 福岡県森林環境税を活用したスギやヒノキの間伐・除伐

福岡県森林環境税を活用したスギやヒノキの間伐・除伐

~福岡県森林環境税を活用して概ね15年以上手入れされていないスギやヒノキの間伐・除伐を実施し、森林の有する公益的機能の発揮できる森林を目指します。~

参考  福岡県ホームページ(福岡県森林環境税)(外部リンク)

10年間で1,124ヘクタールの間伐・除伐を実施し、目標を達成しました!

平成20年度から平成29年度までの10年間で、スギやヒノキの間伐・除伐を1,124ヘクタール実施し、目標を達成しました。

■ 年度別実施状況(間伐・除伐) 
※間伐と除伐の重複は除く (単位:ha)

 

実施箇所 門司区 小倉北区 小倉南区 若松区 八幡東区 八幡西区 合計
平成20年度 - - 7.98 - - - 7.98
平成21年度 - - 28.78 - 5.19 2.94 36.91
平成22年度 15.62 - 71.67 1.68 5.31 7.80 102.08
平成23年度 - - 59.81 0.53 15.79 47.83 123.96
平成24年度 - - 96.93 - 12.80 17.28 127.01
平成25年度 5.34 - 98.64 1.47 1.78 22.90 130.13
平成26年度 6.91 - 122.82 1.10 6.12 23.57 160.52
平成27年度 8.82 - 106.68 0.27 6.06 24.34 146.17
平成28年度 7.26 0.49 134.53 - 0.24 - 142.52
平成29年度 34.64 - 108.56 0.44 2.63 0.30 146.57

実績

(平成20~29年度)

78.59 0.49 836.40 5.49 55.92 146.96 1,123.85

平成30年度から間伐の手法が変わります。(全額 福岡県森林環境税)

平成30年度からスギやヒノキの強度間伐を実施します。強度間伐とは、森林の有する公益的機能を長期的に発揮させるため、間伐率を通常より高く設定するものです。最終的なヘクタール当たりの本数をスギ900本、ヒノキ800本に設定し、間伐(1~2回)を実施します。

■ 対象となる森林(以下の1、2、3、4すべてを満たす森林)

  1. 過去に福岡県森林環境税を活用して整備していない森林
     
  2. 平成30度から平成39年度の10年間で森林の有する公益的機能が発揮できなくなる恐れのある個人・会社の16年生以上のスギ林やヒノキ林
     
  3. 保安林(または保安林の指定の同意)
     
  4. 森林経営計画作成区域外 

■ 費用

市が福岡県森林環境税を活用して実施しますので、個人・会社の費用負担はありません。

間伐前の画像
間伐前(暗く下草がない森林)
下向き矢印の画像
間伐後5年目の画像
間伐後(スギ・ヒノキと広葉樹が混在する森林に誘導します。)

【お問い合わせ】

 産業経済局農林課(担当:村上、中西)

 電話:093-582-2078

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局農林水産部農林課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2078 FAX:093-582-1202

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。