ページトップ

鳥インフルエンザに関する情報

◆北九州市内では、これまで鳥インフルエンザウィルスの感染は報告されていません。
◆鳥インフルエンザは、感染した鳥との濃厚な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、過度に心配する必要はありません。
◆鶏肉、鶏卵を食べることにより、鳥インフルエンザウィルスが人に感染することは、我が国では報告されていません。

★死亡野鳥を見つけたときは(死亡した野鳥を見つけたときの連絡先など)

本市の対応状況

 本市近隣の養鶏場における最近の高病原性鳥インフルエンザ発生状況については、平成26年度に、熊本(4月)、宮崎、山口(12月)、佐賀(1月)等を含む6事例が発生し、計約47万羽が殺処分されました。また、平成28年度に宮崎(12月)、熊本(12月)等を含む8事例が発生し、計約114万羽が殺処分されました。
 本市では、平成26年4月と12月、平成28年12月に、関係課長による「北九州市高病原性鳥インフルエンザ連絡会議」を開催し、市内の養鶏農家の状況や今後の対策などを協議しました。

 【これまでの本市の対応状況】

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザに関する相談窓口

 鳥インフルエンザに関する相談は、下記窓口にご相談ください。相談受付は、福岡県北部家畜保健衛生所及び福岡県京築保健福祉環境事務所を除き、平日の8時30分~17時15分までです。

◆鳥インフルエンザなど家畜伝染病全般に関すること
 福岡県北部家畜保健衛生所 電話:0948-42-0214

◆死亡野鳥に関すること
 福岡県京築保健福祉環境事務所環境課 電話:0930-23-9050
 ※スズメ、ハト、カラス等の身近な鳥が1羽死んでいる場合は、素手で触らず、ゴミとして処分してください。
 ※死亡野鳥の回収は、最寄の環境センターにご相談ください。
  新門司環境センター 電話:093-481-7053
  日明環境センター 電話:093-571-4481
  皇后崎環境センター 電話:093-631-5337
 ※ただし、野鳥が多数死んでいるなどの緊急時は、福岡県北部家畜保健衛生所 電話:0948-42-0214に通報してください。24時間対応しています。

◆家畜防疫体制に関すること
 北九州市農林課 電話:093-582-2078
 北九州市総合農事センター 電話:093-961-6045

◆人の健康に関すること
 北九州市保健予防課 電話:093-522-8711

◆食の安全に関すること
 北九州市東部生活衛生課 電話:093-522-8728
 北九州市西部生活衛生課 電話:093-642-1441(内線601)

◆ペットに関すること
 北九州市動物愛護センター 電話:093-581-1800 又はかかりつけの獣医師
 ※ただし、飼育鳥が大量死したなどの緊急時は、福岡県北部家畜保健衛生所 電話:0948-42-0214に通報してください。24時間対応しています。

◆到津の森公園に関すること
 北九州市公園管理課 電話:093-582-2464
 到津の森公園 電話:093-651-1895

◆響灘ビオトープ・曽根干潟に関すること
 北九州市環境局自然共生係 電話:093-582-2239

◆市立学校内の健康に関すること
 北九州市教育委員会学校保健課 電話:093-582-2381

このページの作成者

産業経済局農林水産部農林課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2078 FAX:093-583-0594

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。