ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 鳥獣対策 > 6 傷ついた野生動物や野鳥のヒナについて

6 傷ついた野生動物や野鳥のヒナについて

(1)命のつながり

 野生動物の多くは寿命がつきる前にほかの生き物に食べられたり、ケガや病気で命を落とします。そして、野外でなくなった命を食べて、また多くの命が育っています。野生動物はそうした命のつながりの中で生きています。

(2)ペットとは違うもの

 野生動物は人と暮らしているペットとは違い、もともと、人をこわがって暮らしているものです。人が保護しようとすることそのものも、野生動物にとってストレスがかかるものなのです。

(3)ケガをした野生動物を保護すること

 野生動物は、自然のままに生きていくのが本来の姿であり、自然の中での出来事については見守ることが基本です。傷ついた動物を助けたいと思う気持ちはとても自然で大切ですが、彼らが生きていく環境そのものを守ることについて考えていただければ、より大きな保護につながります。

(4)北九州市には、傷ついた野生動物を保護する施設はございません

福岡県では、人が原因で傷ついたものや、希少な野生動物の保護を行っています。

  ⇒ 福岡県のホームページ : 野鳥のヒナや傷ついた野生鳥獣について(おしらせ)

  ⇒ 福岡県のホームページ : 野鳥のヒナを拾わないで

このページの作成者

産業経済局農林水産部鳥獣被害対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2269 FAX:093-583-0594

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。