ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 鳥獣対策 > 「電気さく」を設置する際の安全確保等のお願い

「電気さく」を設置する際の安全確保等のお願い

 「電気さく」は、田畑や牧場などで、電気刺激によって、野生動物の侵入や家畜の脱出を防止する「さく」のことです。

 その設置にあたっては、人に対する危険防止のため、電気事業法に基づき、次のことを守る必要があります。

  (1) 危険である旨の表示

  (2) 電気さく用電源装置の使用

  (3) 漏電遮断器の設置

  (4) 専用の開閉器(スイッチ)の設置

 「電気さく」を設置する際は、ルールを守り、適切な利用をお願いします。

電気柵の使用についてご不明な点は、メーカまたは販売店にお問い合わせください。

また、「電気さく」に感電することを防止するため、「電気さく」と思われるさくを見かけた場合には、むやみに近づかないよう、十分ご注意下さい。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局農林水産部鳥獣被害対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2269 FAX:093-583-0594

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。