ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 史跡 > 【市指定】小田山古墳群

【市指定】小田山古墳群

【市指定】小田山古墳群
指定区分 市指定 史跡
文化財名称 小田山古墳群
名称かな おだやまこふんぐん
指定年月日 昭和46年4月21日
所在地 若松区深町一丁目16番内
概要   標高35~55mの小田山丘陵東側斜面に響灘を見下ろす状態で築造された古墳時代後期の古墳群である。この古墳群はどれも内部主体に横穴式石室をもつ小円墳で、横穴式石室は玄室と羨道からなる単室構造である。各古墳群とも追葬が行われている。大正時代初期までは大小50余基の古墳があったといわれているが、周辺の住宅化により現存するのは指定範囲内の13基と周辺の数基である。昭和46年(1971)に古墳公園として整備された。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。