ページトップ

第35回 開催状況

開催日・テーマ

平成23年4月27日(水曜日) 12時から13時

「遊んで学ぶ環境教室について」

内容

参加グループ

北九州市環境学習サポーターの会(8名)

グループのプロフィール

 市民の環境意識を高め、環境学習・環境活動の活性化を図るために、環境ミュージアムを拠点に館内外の市全域で、環境教育や環境学習を行っている。
 平成22年度循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰受賞。

ランチタイムの様子
ランチタイムの様子
参加者の作品
参加者の作品

「遊んで学ぶ環境教室について」

参加者の主な発言

  • 北九州博覧祭2001の環境部門で活躍した116名を中心にスタートし、平成14年に北九州市環境学習サポーターとしての活動を開始、平成15年4月に本会を設立した。環境ミュージアムや出前講座で体験学習プログラムを展開したり、環境問題を身近なものに感じ、楽しく学んでいただくために、日々、創意と工夫をこらした取組みを行っている。
  • 環境ミュージアムで、捨てればごみになるプラスチックの包装紙やペットボトルのラベルなどを活用して工作などを行っている。これから新学期で子ども達がたくさん来館するが、その時に、子ども達と工作しながら「この材料は石油からできているのよ。石油は化石燃料だから燃やすとCO2を発生するから地球温暖化につながるよね」とちょっと言葉を添えて話をする。子ども達と会話をするのが本当に楽しく、人のふれあいというのを実感できる。
  • 教会にあるステンドグラスからヒントを得て、ラーメンの袋などを使ったステンドグラスを作っている。このステンドグラスは子どもや外国の方にも非常に喜んでもらえる。こういう色々な食品の袋の原料はほとんど同じで石油からできている。子ども達にはそのことを説明して理解してもらっている。私達は、子どもの頃から環境に関心を持ってもらいたいと思っている。
  • 不要になったポスターやカレンダーでエコバッグを作っている。子ども達が環境ミュージアムに学習に来て、帰りには色々なアクティビティをしてくれ、そして素敵な笑顔をお土産に置いて行ってくれる。未来パレットに向かって北九州市が大きな目を開いていることに感謝している。
  • 出張環境ミュージアムといって館外でも活動するが、イベントの時などに行った発電カーレースが好評であった。館内ではステンドグラスやプラスチックの包装紙で作った蝶々、シジミの貝殻を使ったアクセサリーなどを作っている。これらは3Rのうちのリユースを宣伝するために考え出した案である。私達はこれらの活動を通して、ゴミとして出さずに再利用ができるということをPRしている。
  • 環境ミュージアムに多国籍の方が来館された時は、ゴミ分別やリサイクルのしくみについて作った替え歌をうたったりしながら、分かり易く体験学習をしてもらう。体験学習が終わった後に意見交換をした際に、北九州市で学んだ知識やノウハウ、並びにネットワークを活かして自国で早速行動を起こしたいとの決意を話してくれた。
  • 以前、大分県の日田の小学校に環境学習のお手伝いに行ったことがある。その時に教頭先生だった方が、後に校長になった時に、環境学習会の講師としてまた依頼してきてくれた。この活動をしていると、こういった出会いの嬉しさがある。そして、感動したり、親しみを覚えたりすることで次の意欲に繋がっていることを嬉しく思う。これからも、北九州市環境学習サポーターを継続して、世界の環境首都を目指して頑張ります。

市長の主な発言

  • 環境ミュージアムは数ある公共施設の中でもたくさんのファンの方に愛されている施設である。そして環境を大事にしている本市にとって、多くの来訪者に大変に有意義で充実した時を過ごしていただくために、皆様には力強いご活躍をいただいている。環境の北九州というのを支えてきたのは、今日お集まりの皆様の長年に亘るご支援のおかげだと心からお礼申し上げる。
  • 今日は環境学習サポーターの皆様の素晴らしいご活躍ぶりを改めて拝聴させていただいた。皆様の力によって、外国の方や子ども達が非常に有益な、いい時間をそこで過ごし、そういった積み重ねが環境を良くする力になってきたのだと感じている。
  • これからも一緒に力を合わせて、より良いものを目指して頑張って行きたいと思っている。今日をご縁に末永くご厚意を賜りたい。本日はどうもありがとうございました。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。