ページトップ

第39回 開催状況

開催日・テーマ

平成23年8月24日(水曜日) 12時~13時

「男女共同参画で生きるまちづくり」

内容

参加グループ

team  Himative(5名)

グループのプロフィール

ランチタイム開催の様子

 北九州市立大学で勉強している学生のグループ。北九州市立男女共同参画センターと連携して、男女共同参画とは何か、またこのとっつき難いテーマをどうすれば若い世代の人々や、地域の方々に興味を抱いてもらえるのだろうかという事を考えながら活動している。

「男女共同参画で生きるまちづくり」

参加者の主な発言

  • 以前イギリスに行った際に、朝小さい子どもを送っていっているのがほとんど男性で、日本ではあまり見かけない光景にビックリした。男性が働き、女性が家事をするという家庭を見て育っていると、そういう家庭が幸せだという先入観があると思う。海外では早いうちから法律で決めていたりすることが多いと聞いているので、日本も早くから取り組めば、これから先の世代の先入観を減らし、男女共同参画が進んでいくのではないかと思う。
  • 男女共同について勉強していると、年収の差や、上の役職になるにつれて女性の割合が少ないなどの数値を目の当たりにする。どうしたらいいんだろうという話をみんなでしているが私達で答えを出すのはすごく難しい。自分達が働く時に今より変わっているのかという期待や不安をみんな抱えていると思う。
  • 今年の3月から学生スタッフとしてムーブの活動に携わりすごく貴重な体験をさせていただいているが、私達のような学生が市の組織と連携して活動するという事に不安やプレッシャーを抱えてもいる。学生が市の組織と連携して活動していることについて、ご意見やアドバイスを頂きたい。
  • 活動していると、どうも男女共同参画について若い人の関心が薄いと感じる。これからの社会を築いていく若い世代の人たちに男女共同参画について認識してもらうにはどのような働きかけが有効だと考えるかご意見を聞きたい。
  • 私たちの周りでは男女共同参画について話題に上がらないので、みんなそんなに意識していないという人が多いように感じる。しかし、女性も働くべきであるとか、働いた方がいいよねという観念は若い世代には広がりつつあるように感じる。逆に男性が家事をする、育児をする、介護をするという意識は、自分たちやそれより下の世代にはまだ広がってないのではないかと感じている。

市長の主な発言

  • 日本では長い間、女性は朝起きた時から家事のために時間と労力を使うことを当り前としてきた。男女が平等に職業について、生涯賃金や出世などについての格差を直していくためにはなかなか大変な社会だと思う。
  • 今、市役所では3人に1人が女性職員で、仕事の面で男女にものすごい不平等というのは感じられなくなってきている。頑張ったらその分評価される社会になればなるほど、そして現実に女性も重要なポストに就いていくとみんなやる気が出るんじゃないかと思う。民間企業においても、女性が頑張ってやっていくというのは難しい状況もあると思うが、優秀な女性社員がいっぱい入ってきて頑張ることによって、会社の成績が良くなるということを実感していくことで、世の中が一気に変わって行くと思う。その先例をつけたいと思い、率先垂範市役所で取り組んでいる。
  • 女性が一つの職業についてずっと生涯同じキャリアを積んで仕事を続けていくと2億8千万円位生涯所得があるといわれているが、結婚や子育てをきっかけに一旦退職してパートとして仕事に戻った場合、約8割減ると言われている。働きながら子育てや親の介護を出来る環境を作らないといけない。私達も介護や子どもを社会全体で見るということを目標に掲げて取り組んでいる。
  • 皆さんの様な若い世代の方が市と連携して活動していることについては、すごく心強い。若い世代の視点というのは非常に大事で、若い世代の皆さんと市役所が連携をして色々チャレンジしてみるというのは私達にとっても非常にいい刺激になるし、大変ありがたく思う。
  • 男女共同参画について、社会全体の意識は確かに変わりつつはあるが、そう簡単には変わっていかない。男女共同参画に限らず何事も時代が追いついてきてくれるまで辛抱強く我慢しないといけない。分かり易いデータを示して誰が考えても何とかしようという問題意識を芽生えさせるなど、地道に活動して行くことが大事だ。また、子どもの時にどういう風に学校で学んでもらうかという事も大きい。現場の学校教育でもう少し工夫できればとも思う。
  • 昔から若い人たちが頑張っている国や都市というのはめざましい発展を遂げる所がある。社会全体の習慣を変えるのはそう簡単ではないが、皆さんの若い力をぜひお借りして、男女共同参画という一つの目標に向かってコラボレーションできるようにお知恵をお借りしたい。皆さんも頑張ってください。本日はありがとうございました。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。