ページトップ

第41回 開催状況

開催日・テーマ

平成23年10月26日(水曜日) 12時~13時

「文化・芸術が花咲く町 心温まるふれあいの町 北九州!」

内容

参加グループ

ひびき児童合唱団(指導者と父母の会)(9名)

グループのプロフィール

ランチタイム開催の様子

 歌の好きな市内の小学生が集まって結成された合唱団で、今年で3年目を迎える。福岡の合唱団とのジョイントコンサートや音楽会への出演、老人施設への慰問などを行っている。今回はその指導者と父母の会が参加。

「文化・芸術が花咲く町 心温まるふれあいの町 北九州!」

参加者の主な発言

  • ひびき児童合唱団は子どもの友達、そしてまたその友達がどんどん集まってできた友達の輪の様な合唱団で、今年で結成3年目を迎える。今年は何か地域のために役立つことは出来ないかと思い、老人ホームの慰問活動を中心に行ってきた。たくさんのお年寄りの方がとても喜んでいる姿に接し、音楽を通した温かいふれあいの街づくりに少しでも役に立てないかと思っている。
  • 発表の場を探していたのと同時に地域のために貢献出来る事はないかと思い、老人ホーム100箇所にハガキを送ったところ、25ヶ所の施設から慰問に来て欲しいと依頼を受けた。施設の方から、子ども達と交流したい、笑顔が見たいと思っているお年寄りはたくさんいて慰問に来て欲しいと思っているが、それがなかなか実現しないという話を聞いた。慰問に行きたい団体と来て欲しい施設を繋いでくれる機関があればいいと思う。
  • 岡垣町に岡垣サンリーアイという総合施設があり、そこで月に2、3回エントランスを利用したミニコンサートが開かれている。希望者は誰でも参加でき、こじんまりとした温かいコンサートで出場してとてもいい経験になった。北九州市も立派なホールや施設がたくさんあるので、そういったところに民間の団体が気軽に立つ事が出来る企画などがあればいいと思う。
  • NHKの全国合唱コンクールを見ていると、福岡県のエントリー学校の半分は北九州市の学校で、北九州の合唱文化というのはかなり高いものがあると思っている。学校単位ではない団体もエントリーできる合唱コンクールを北九州市主催でやっていただけたらぜひ参加したい。芸術性を高めるにはコンクールが一番だと思う。そういうコンクールが開催され競い合えば、子どもの芸術面での成長が生まれると思う。

市長の主な発言

  • VTRを見せていただき、年長者の方との交流のシーンでは皆さん活き活きした表情をされており、大変大きな成果を挙げていると思った。大いに敬意を表します。民間の、市民中心に作られている組織として社会福祉協議会がある。その中にボランティアセンターというものがあるのでそこで施設とボランティア団体の交流について有益な手立てが見つかるのではないか。子どもと高齢者がコーラスを通じて交流するという事は非常に素晴らしいことであるし、市としてはそういう活動があるという事を普及、PRに努めたい。
  • 北九州市には文化施設が数多くあり、私達もそれをぜひ多くの方に利用していただきたいと思っている。毎年開催している国際音楽祭では市民企画事業というのを盛り込んでおり、響ホールでは「マラソンコンサート」、ウェルとばたでは「街かどコンサート」というものを行っている。これはアマチュアのグループや個人の皆さんが参加されるので、皆さんもぜひ申し込んでいただきたい。市民の方々が文化活動にもっと意欲的に参加できるような工夫は今後とも必要だと思っている。
  • 学校単位のコンクールというのは多いようだが、中には全日本合唱コンクールというような一般参加もできるものもあるようである。北九州市では毎年7月初めに「北九州少年少女合唱祭」を開催している。この北九州少年少女合唱連盟に加入すれば出演できるし、お互いの交流も芽生えるのでぜひお勧めしたい。
  • 文化活動において、いいコンクールを企画して進めるという事は大事なことだと思っている。今あるものを大事にして、さらに力を入れて大きくしていくという事も含めて考えてみたい。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。