ページトップ

第48回 開催状況

開催日・テーマ

平成24年10月24日(水曜日) 12時~13時

「自然と高齢者と子どもの共生」

参加グループ

高須南四丁目第35区自治会(5名)

グループのプロフィール

ランチタイム風景

市営高須団地内の自治会

自治会加入世帯数は397世帯で加入率は96.6%

毎月の資源回収や、小学生、中学生向けの勉強会を実施している。夏休み期間は子ども会でラジオ体操をした。9月は敬老会行事のため、子ども会で集会所への飾りつけを行った。また、夏季と冬季の夜回りを実施している。

「自然と高齢者と子どもの共生」

参加者の主な発言

  • 市営高須団地は緑が多く、市内でも有数の自然に恵まれた住環境であると思っている。自治会では、夜回りなどをすることで環境維持や美化活動を行っている。しかし、近年団地内の路上等に違反駐車や不法投棄が増えてきている。また、たくさんの植栽があるが、樹木が茂ることで防犯灯の効果が弱くなったり、不安な場所も見受けられる。
  • いつの間にか消滅してしまった子ども会を平成23年度に改めて立ち上げた。手始めに夏休みにラジオ体操を行ったところ、想像以上の参加があって感激した。さらに、今年は夏休みに小学生や幼稚園児の勉強会を実施し、10月から保護者の協力を得て、中学生対象の勉強会を開催している。
  • 子ども会と敬老会の合同の行事を企画したり、夜回りなどをして自治会活動をもっと盛り上げていきたいと思っているが、公営住宅にありがちな定住性の低さからか、無関心な方も多く、今後の課題と考えている。
  • これから高齢化が進んでいくが、高齢者が孤立しないように働きかけをしていきたい。また、立ち上げた子ども会の活動を充実させていきたい。子どもを見守ることは一朝一夕ではできないことなので、今は積み重ねていくことが大切な時期だと思う。これからも団地の住民で協力して続けていきたいと考えている。

市長の主な発言

  • 植栽について、基本的には市営住宅の敷地内は、住民のみなさんで管理していただきたい。しかし、法面や高所については危険なので市がやる。また、暗くて不安な場所があるというのは、伐採するなど早急に改善しなければならない。安全という面で市全体を総点検し、市民とスクラムを組みなおして取り組んでいく決意を持っている。
  • これからの課題として、セキュリティ、安全に関わるところを一番に考え、危ないところは無くしていく。皆さんにも郷土を愛するという観点からも、安全・安心なまちをつくることに協力していただきたい。
  • 子どもの学力・体力の低下が言われているが、子どもというのは、規則正しく朝起きてご飯を食べて学校に行くだけで、能力は上がる。ラジオ体操は近所とのコミュニケーションを図れるという効果もある。
  • 皆さんの自治会は活動が充実している。市としても、地域で民生委員や検針員などみんなで協力して、見守りのネットワークをつくっていこうとしている。各区役所にコーディネーターとして特別に職員を配置して、理想に向けて頑張っている。
  • これからも、地域全体で高齢者や子どもの見守りを続けていってもらいたい。頑張ってください。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。