ページトップ

第57回開催状況

開催日・テーマ

平成26年8月22日(金曜日)12時~13時

「食生活改善推進員協議会と市との関わり方について」

参加グループ

北九州市食生活改善推進員協議会(5名)

グループのプロフィール

市長と参加団体が懇談している写真 懇談風景

 この会は、栄養教室修了者連絡協議会として昭和47年に発足し、平成24年に結成40周年を迎えた。この間、「私たちの健康は私たちの手で」を合言葉に、食に関する知識や経験を活かした「健康料理普及講習会」、「ふれあい昼食交流会」等の子どもから高齢者まで、幅広い世代を対象に、食を通じた健康づくりに取組んでいる。現在の会員数は1,600人を超え、食育の推進ボランティア「ヘルスメイト」として、地域に根ざした活動を継続している。

「食生活改善推進員協議会と市との関わり方について」

参加者の主な発言

  • 今年度から、市主催の研修を受講したヘルスメイトが、高齢者宅を訪問し、高齢者の低栄養予防のため、食生活改善を指導する取組みを始めた。健康長寿のための食生活を支援する活動を更に推進していきたいと考えている。

  • 塩分控えめでも美味しい食事づくりに取り組んでいる。塩分を控えると味が薄くて美味しくないという声が聞かれる中、中学生を対象に、塩分控えめ(8%程度)の味噌汁を作ったら、意外にも評判が良かった。今後とも工夫を凝らしたい。

  • 学校において、食生活改善活動を行っている。中学校から依頼を受け、八幡西区の地産のなすびを使ったピザやいきなり団子などを作って大変喜ばれた。

  • また、高校の校長先生を介し、高校生と一緒に食事を作った。コンビニ弁当を食べたり、朝食抜きの子どももいると聞くが、バランスの良い食事が子どもの健やかな心を育むのに役立つ。大学生向けの活動を初めて行い、一緒に筑前煮を作ったら勉強になったという声をもらった。今後とも頑張りたい。

  • 学校向けの活動は、今後とも行って行きたい。教育委員会との連携をさらに進めていきたいので、バックアップしていただきたい。

  • 幅広い年齢層を対象に活動を行ってきた経験を活かし、北九州市で開催されるイベントなどの実行委員会のメンバーに入り地域貢献したい。

  • 市におかれては、これまで当会にご支援いただき、大変感謝している。平成29年には、全国協議会の九州ブロック大会が北九州で開催される。今後ともご支援をよろしくお願いしたい。

市長の主な発言

  • 高齢者宅の訪問事業はとても良い取組みだ。地域に密着した家庭訪問は、高齢者の孤立化を防ぐと同時に低栄養予防にもつながる。北九州市は健康長寿の寿命が全国では低い方だと聞く。今後とも、生涯を通して、市民一人ひとりが健康で生き生きとした生活を送ることができる社会の実現に取り組んでまいるので、引き続き、皆様のご支援・ご協力をお願いしたい。

  • 大学生向けの取組みを初めてされたと聞いたが、これも大変良い試みだ。引続き頑張ってほしい。

  • 今後、小・中学校や市主催のイベント等で食生活改善推進員の活動がよりスムーズに進むよう、市役所内部や、メディアへ働きかけていきたい。

  • 健康づくりや食生活というのは、もっと大事にされるべきだ。食育は、教育というより楽しく学んで身に着けるのが良いと思う。今後とも皆様のご活躍を祈念する。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。