ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 暴力団排除 > 暴力団等に対する基本的対応要領

暴力団等に対する基本的対応要領

基本的な心構え

  • 『暴力追放三ない運動+1(プラスワン)』の推進
    「暴力団を利用しない」「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」
    +「暴力団と交際しない」
  • 不当要求は組織で対応(応対者まかせにしないで常に組織がバックアップ)
  • 法律や社会のルールに従った対応(誰でも納得する「土俵の上」で対応。裏取引等はしない!)
  • 警察や安全・安心相談センター等との緊密な連携(困った時は、すぐにご相談を)

暴力団等に対する基本的対応要領

画像
【1】来訪者のチェックと連絡
(来訪者を確認し、対応責任者へ報告しましょう。)
用件・要求の把握
【2】相手の確認と用件の確認
(落ち着いて、相手の氏名等を確認しましょう。)
相手より多い人数で対応する
【3】対応場所の選定
(管理権の及ぶ場所を選びましょう。)
対応場所は、自分に有利な場所
【4】対応の人数
(相手より多い人数で対応しましょう。)
トップに対応させない
【5】対応時間
(可能な限り短くしましょう。)
書類作成や署名・押印は拒否
【6】言動に注意する
(「申し訳ありません」「検討します」
などは禁物です。)
言動に注意して即答しない
【7】書類の作成・署名・押印
(署名や押印は禁物です。)
対応内容を録音する
【8】トップは対応させない
(トップが対応すると
即答を求められます。)
警察、安全・安心相談センターにご相談を
【9】即答や約束はしない
(個人の判断ではなく、組織的
な対応が必要です。)
法的対抗手段の検討
【10】湯茶の接待をしない
(接待は居座り続ける理由を
与えることになります。)
記録化
【11】対応内容の記録化
(相手へ明確に告げて、
メモや録音等をしましょう。)
警察に通報
【12】機を失せず警察に通報
(警察、相談センターとの
連携が大切です。)

このページの作成者

市民文化スポーツ局安全・安心推進部安全・安心相談センター
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2427 FAX:093-582-3889

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。