ページトップ

第31回 開催状況

開催日・テーマ

平成22年8月9日(月曜日) 12時~13時
「私達のVolunteer活動について」

内容

参加グループ

穴生学舎C.L.V(Community Leader Volunteer)(10名)

グループのプロフィール

 平成21年度、北九州市立年長者研修大学校「穴生学舎」で「地域リーダー養成」コースを学んだ方を中心に設立したボランティアグループ。平成22年度設立。

北橋市長と気軽にランチタイム第31回 開催の様子

「私達のVolunteer活動について」

参加者の主な発言
  • 平成21年度に穴生学舎で「地域リーダー養成」コースを1年間学んだ。穴生学舎の学びを通じ、ボランティアの4原則、「自発・自主性」「公共性」「無償性」「継続性」の考えに基づき、他人や地域社会へ貢献することを目的とし、また、私達の学舎で学んだ活力を地域に還元すべく、このボランティアグループをつくった。
  • ボランティアに興味のある人は多いが、実際にボランティア活動をしている人はというとぐんと少なくなる。穴生学舎でも、高齢の方が熱心にボランティア活動をされているが、後を引き継いでくれるような、若いボランティアをしてくれる人を育てていかなければならない。年に数回でも、市長にボランティア活動に参加してもらえれば、普段ボランティアに興味を持っていない人が興味を持ってくれる最初の一歩になるのではないか。
  • 各市民センターでは多くの講座が開催され、多くの方が受講されているが、どの位受講しているのか、これから新講座の開設予定があるのか、もし、自分達でこのような講座を開催するとしたら、どの様な手続が必要なのか教えて欲しい。
  • 高齢者の方は市民センターまで足を運ぶのが難しいという方が結構いる。少しでもたくさんの方と交流を持ちたいという事で、団地の公民館でいろいろな行事をやっているが、高齢の方には床に座布団で座るのが辛く、足が痛いから、座れないからという事で、なかなか集まらない。椅子や机などの備品が整備されればもっと集まってもらえるのではないかと思う。
市長の主な発言
  • 私のボランティア暦としては、小倉医療刑務所の篤志面接委員の資格を持っていて、一般教養を担当している。この間、受刑者の方々に一時間ほど地球環境の事を話したが、皆さん一生懸命聞いてくれた。そういう受刑者の方の更正の手伝いをしている。
  • ボランティア活動は小倉医療刑務所以外でも何かやってみたいという気持ちはある。自分としては健康づくりというものが凄く大事だと思う。高齢化が進んでいるが、できる限り健康で長生きをしたいものだと思う。健康づくり運動というものを、一人の市民としてやってみたいとは考えている。
  • 年間約10万人の方が市民センターの各講座を受講されているが、講座の数では趣味・文化が一番多く、受講者の数では一般教養が一番多い。最近は保健体育や子ども向けの講座が増えてきている。「健康」、「子ども」をキーワードにした講座に人気があるようである。
  • 市民センターでは春と秋に年間4講座以上実施するようにしており、ここで何をやるかについては、市民センターが社会教育主事や生涯学習推進コーディネーターの皆さんと相談しながら新しい企画を行っていると聞いている。
  • 市民の方が自発的に新しい講座を企画したいというのは大変素晴らしいことだと思う。地域には色々な課題が山積し、また地域活動をもっと活発にしていくという大事なテーマもある。地域全体をいかに活気付けるか、元気を取り戻すかといったテーマで講座を企画していただけると大変うれしい。   
  • 日本では、ボランティアというのは完全にノーギャラの方が良いと思う人が非常に多く、アメリカやヨーロッパのように、市民が直接NPOやボランティア団体に寄付をするというところには至っていない。これは日本のボランティア活動の大きなテーマだと思う。必要な経費というのはあった方が活動は大きくなる。行政も一定のサポートをしているが、まだ市民の方一人一人に対して活動を支えるものまでは至っていない。市民社会にボランティアというものが大変重要だという市民意識が高まれば、また次の第一歩を踏み出せると思う。
  • 施設の整備については市としては一箇所だけ特別にという事は難しい。公園や市民センターも平等に整備していかなくてはならない。高齢者が活動するにあたって、椅子や机が必要だという事は分かる。高齢化もどんどん進んでいきますので、すぐに全部とはいかないかもしれませんが、検討させていただきます。
  • 今の所、皆さんのご希望に応えられていないところもありますが、引き続き、市民のニーズ、声には注意を払っていきたいと思います。皆さんこれからも頑張ってください。本日はありがとうございました。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。