ページトップ

第30回 開催状況

開催日・テーマ

平成22年6月23日(水曜日) 12時~13時
「安心して子育てと仕事の両立ができる まち」

内容

参加グループ

富士通コミュニケーションサービス株式会社
子育て支援ワーキンググループ   (7名)

グループのプロフィール

富士通コミュニケーションサービス株式会社北九州サポートセンター内に発足した、子育て支援のワーキンググループ。育児休暇経験者や現在子育て中の方などからなる。
家庭と仕事の両立を目指し、育児休暇中や職場復帰後のスタッフの支援活動や情報交換・情報発信を行っている。

開催の様子

「安心して子育てと仕事の両立ができる まち」

参加者の主な発言
  • 昨年、育児休業から復帰する際に保育園をいろいろと探したが、自宅近くの保育園はどこも一杯で、結局自宅から少し離れた保育園に預けることになった。北九州市全体として待機児童はゼロかもしれないが、保育園によって人気に偏りがあるように思う。人気のある保育園というのはサービスの差やその他小さなところで何か魅力があるのではないか。サービスの平準化などできれば偏りも無くなり、希望の保育園に入りやすくなるのではないか。
  • 仕事が休みの時はなるべく子どもとの時間を大切にしようと思うが、家事をしたり、自分の時間を持ったりもしたい。しかし、園によっても違うが、土曜日は預けにくい雰囲気がある。保育園の体制としても、保育士が平日より少ないように思う。もう少し、安心して預けられるようになればいいと思う。
  • 保育園はどうしても女性の先生が多く、男性の先生が少ない。年中、年長になると男性の先生と力遊びをするのがすごく楽しいようなので、男性の先生が増えると嬉しい。
  • 土曜日・日曜日・祝日も仕事があるが、身近に親や親戚など子供を預けられる人が誰もいないというお母さんもたくさんいる。日曜日でも子どもを預かってくれる所が増えれば、女性ももっと働きやすい環境になるのではないか。
  • 先日、病児保育を利用したが、利用時間が8時30分から17時30分までとなっており、子供を預けてからでは仕事に間に合わない。また、前日の17時までに予約となっており、夜中の急な発熱などの時、すぐに対応ができない。病児保育は働いているお母さんにとって本当にいいシステムだと思うので、もう少し利用しやすいものにしてもらえないか。
  • 子どもを保育園に預けると、いろいろな病気をもらいやすい。水疱瘡やおたふくかぜなど予防接種があるものは受けるようにしているが、結構費用がかかる。このような予防接種に対して、費用の補助などがあると嬉しい。
市長の主な発言
  • 待機児童については、数字の上では全体として需給がまにあっているが、利用する方からすると、いろいろあると思う。保育のサービスについては基本的に保育指針という国が決めた基準に基づいて行っているので、差はほとんど無いものと思っているが、ちょっとしたコミュニケーションなどの差が少し出てきているのかも知れない。年間を通じて待機児童をださないということと共に、この点についても検討していきたい。
  • 現在、北九州市で男性の保育士は40名で全体の2.9%、民間保育所で正規職員の3.5%、市営保育所で0.7%と極めて少数である。行政としても、男性保育士を増やして欲しいという声があることは承知しており、大事なことだと思っている。
  • 日曜日・祝日に対応する休日保育は、現在市内7ヶ所で実施しており、今後、「元気発進!子どもプラン」という5年間(平成22~平成26年度)のプランの中で9ヶ所まで増やすことにしている。日曜、祝日に働いている方々のニーズを今後ともよく見ていき、その上でまた不足があれば検討していきたいと思う。
  • 病児、病後児保育は現在市内で8ヶ所実施しており、今後、5年間で3ヶ所増やすことを計画している。病児、病後児保育については大きなニーズがある。小児科医の協力をいただき、一歩でも二歩でも前進させたいと思っている。
  • ワクチンは子宮頸がんなど重要なテーマであるが、これにはかなりの費用負担がかかるということが1つ課題となっている。こうした予防というものは医師の皆様の協力が必要であり、少なくとも県レベルくらいは統一して取り組んで行かなければならない。必要なワクチンなどに対する合理的な助成は大事ではないかという趣旨の意見は頂いている。今後の検討課題とさせていただきます。
  • 今日は皆さんの非常に率直な、具体的な指摘をいただきました。ぜひ、今日限りではなくフォローアップしていただき、いい方向にできればと思って取り組んでまいります。

本日はありがとうございました。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。