ページトップ

第18回 開催状況

開催日・テーマ

平成21年6月30日(火曜日) 12時~13時
「幼児が安心して遊べる環境の整備」

内容

参加グループ

NPO法人「ちいさいおうち共同保育園」

グループのプロフィール

2000年に保護者、保育者が中心となってNPO法人「ちいさいおうち共同保育園」として上香月に開園。「水と土と太陽の保育」、自然の中で五感を十分に使った遊びを中心にした保育を実践。また、公開保育や講演会等地域に根ざした子育て支援活動にも力を入れている。

ランチタイムの様子

「幼児が安心して遊べる環境の整備」

参加者の主な発言
  • 幼児期に、遊びこむことの大切さを通して、人間としての基礎を身につけてほしいと日々努力している。今日は、子育てとその環境、北九州の自然環境保全、子どもと環境を大切にする親の成長について、「幼児が安心して遊べる環境の整備」というテーマでお話を聞いていただきたい。
  • 子どもたちは近くの香月市民の森に往復1時間かけて毎日のように通い、野いちごを摘んで食べたり、蔓にぶら下がってターザン遊びをするなど、自然の中で、自ら遊びを考え、体を使って遊びこんでいる。 
    どんぐり1つにしても子どもたちはいろいろな発想をし、野いちご摘み、どんぐり拾いといった遊びを通じて季節・自然を感じている。
  • 子どもが健やかにしなやかに成長していると感じ、遊びこむことが大切であることを実感している。一方、仲間と一緒にいてもゲーム機と遊んでいる子を見ると、本当の意味で遊んでいないのではないかと思う。
    次の社会がどういう社会になるのかは私たちの子育て次第と思っている。乳幼児期に自然の中で思い切って遊ぶ、遊びこむことをより多くの人達に広めたい。
  • 私は幼少期に田舎で育ち、その時のことが原風景、原体験として私の中にずっとあり、自分の人格形成や今の生活にすごく影響している。
    お金をかければ、良い学校に入れたり、良い教育を受けさせたりできるが、心の豊かさや感性といった人間として一番大事な部分は心の中にある原風景、原体験といったものが絶対必要と考えている。
    北九州市は都会でこのような環境は望めないと思っていたが、この園の保育を通じて少し期待を持つことができるようになった。
  • 子どもたちに遊びこみができる自然を整えてあげる必要がある。自然そのままでは危険があって安心して遊べないので、昔、身近にあった里山のような二次的な自然が必要だと思う。できれば、毎日の生活の一部として体験できるような場所が1校区に1~2ヵ所あればなあと思う。
  • 子どもを預けるのに100箇所以上探してこの園を見つけた。毎日、森で遊んだり、川で泳いだり、冒険の連続で、休日に森に行くと、子どもが植物や昆虫について私に説明してくれる。
    園のこだわりの食事と自然の中での遊びこみの結果、体格もよくなり風邪もひかない。この園の良さをいろいろな方に知ってもらいたい。
  • 大人にいろいろなものをお膳立て、段取りしてもらって遊ぶのではなく、土、水といった子どもが自由に形を変えられるものを使って、体全体、五感を使って自由な発想で遊び込むことがこの園ではできる。
    癇癪を起こしていた子どもが心も体も安定し、遊びこむことが重要であると実感している。
  • 今までは私たちの活動に賛同する人と共同で保育を行ってきたが、ある講演を契機に、いくら頑張って子育てをしても、それだけではより良い社会ができないのではと考え始めた。もっと多くの人にこのような保育を知ってもらい、一緒に子育てをしていきたい。
市長の主な発言
  • 本市の場合、小学校区をまちづくりの一つの単位と考え、保育、教育、高齢者福祉等いろいろな関係者が集まって、まちづくり協議会を組織してもらい、地域活動の場として市民センターを設置している。
    ここで意見交換してもらったことを踏まえて、地域の方と一緒になって道路、学校、公園整備を進めている。
  • 公園は非常に大事な社会資本だと思う。そこで、身近な公園がもう少し快適にできないかと考えている。市内に身近な公園が1400あるが、あまり利用されていない公園も結構あるようで、2年前から校区単位に地域の方にも参加してもらって公園整備を行っている。昨年は香月地区を含め4箇所選定したが、今後はもっと増やしていきたい。
  • 皆さんが日頃保育の場として使っている香月市民の森のような公園を新たに造っていくのは大変であるが、お話を伺って、幼児期に自然の中で思いっきり遊ばせることが非常に良い効果があると実感した。
  • 限られた税金の使い道にいろいろな提案が出るが、最後は市民の声というのが大変大きい。皆さんが体験され、良いと実感された保育を広くアピールしていただければと感じる。

本日はどうもありがとうございました。

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。