ページトップ

第14回 開催状況

開催日・テーマ

平成21年2月25日 12時~13時
「地域住民とのふれあい、安全、安心のまちづくりを目ざして」

内容

参加グループ

花みずき会

グループのプロフィール

北九州まち美化推進員、北九州健康づくり推進員、食生活推進員、また高齢者のケースワーカー、老人ホームへのボランティア等いろんな活動して頑張っているグループ

第14回北橋市長と気軽にランチタイムの様子

「地域住民とのふれあい、安全、安心のまちづくりを目ざして」

参加者の主な発言
  • 花みずき会は、まち美化推進員や健康づくり推進員、食生活改善推進委員、デイケア施設などで洗濯物をたたんだりしているボランティアの集まり。
    周望学舎のOBとして、小学校などに出向き、子供と一緒に剣玉、おはじき、折り紙、お手玉、竹とんぼ、竹馬といった昔遊びをやっている人もいる。
  • 自治会の加入率をアップさせたいが、自治会に入っていることのメリットがない。ごみ袋も自分たちで買うようになると、自治会に入ってなくても同じということをよく聞く。
  • 住人が高齢化してくると、自治会はとても必要になると思う。孤独死などが1ヶ月も2ヶ月も経たないと分からないという状況では、互いに隣人のことくらいは知っていないといけない。一軒家はいいが、マンションでは殆ど住人の交流がない。自分のマンションでは総会に来る人も決まっていて、65所帯で12、3人とわずか。今1人で住んでいるが、孤独死するのではと不安になることがある。
  • 地域での見守り活動をボランティアでしようと思っている人に、その話がこない場合がある。なあなあで決めてもその人が動かなければ意味がないので、市で研修会や勉強会を開いて、意欲のある方に参加していただき、市で登録するようにすれば良いと思う。ふれあいネットワークで声かけをするのに、登録証を持っていれば公然と地域をまわれる。今は声かけに行こうとすると、周りの人から、「民生委員や町内会長がいるのになんであの人が行ってるの」と言われる。
  • 市民センターができた時は、地元住民を優先にというように聞いていたが、今のセンターはクラブが優先みたいになっている 。例えば老人会の活動のために会場を押さえようとしても、クラブで押さえられていて、借りられない。地元の行事が優先のところと、そうでないところがある。
市長の主な発言
  • 自治会の加入率は、大変頭が痛い問題。何とかしたいと思い、就任してすぐ、自治会は自発的なボランティアなので強制はできないが、率先垂範で地域活動を担ってくれと、職員にお願いした。あれから2年経って加入率が数ポイント上がった。
    実態を見ると、アパート・マンションが増えたところの加入率が低い。新しいアパート・マンションに、自治会が無いというところが多く、これを改善するために動き出している。マンション業者にも、自治会を大切にしてもらいたいと要請を始めている。
  • 他の自治体でも自治会の加入率は下がってきていて、全国的な傾向にある。本市では十数年の間に9割台あったのが76%まで落ちた。識者の間では、ゴミ袋を有料にしたことで自治会に入る意味がなくなりやめていった、ということではなさそうだといわれている。
  • 自治会に入ってもいいが、役に就くのは困難とか、一部で所得が低くて町内会費自体が払えないということがある。役につかなくていいと自治会で決めているところもあるし、会費も一部免除しているというところも出始めていて、試行錯誤の段階にある。本市の場合はあと1年後にスタートする自治基本条例という、国の憲法にあたるようなものを作っているが、その中に自治会加入の努力義務をいれようと議論している。
  • 自治会活動はいろんな側面があるが、高齢化が進んで単身世帯が増え、人口は減るが世帯数が増えてくると、見守りというのが大事だ。市は行財政改革で職員数を削減している中で、特別に係長職を16人各区に配置している。社会福祉協議会や民生委員の情報を借りて、地域で見守りの体制を作っていこうと去年からスタートした。悪戦苦闘しながら、少しでも孤独死を防げればということで。
  • 気候が暖かくなっているだけではなく、社会も砂漠のようになってきているが、同時に、頑張って潤いのあるまちをつくってみようという方々も大きく力を得てきていると思った。行政というのは、力は大きくないけれども、こういったボランティアをやっておられる方々としっかり手を握って、できるかぎり情報公開に努めて共同作業をしていけば、将来大きな力になっていくと信じたい。地域のために引き続きご活躍をいただきたいと思う。

ありがとうございました。 .

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。