ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 消防局からのお知らせ > 火気を使用する露店では消防署への届出と消火器の設置が必要です

火気を使用する露店では消防署への届出と消火器の設置が必要です

 本市では、平成26年6月25日に北九州市火災予防条例の一部を改正し、祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して、露店、屋台その他これらに類するものを開設し、対象火気器具等を使用する場合は、消火器の準備を行うとともに、あらかじめ所轄消防署長への届け出が必要となります。(北九州市火災予防条例第20条~第24条関係、第72条関係)

多数の者の集合する催しとは

「一時的に一定の場所に人が集合することにより混雑が生じ、火災が発生した場合の危険性が高まる催しであって、一定の社会的広がりを有する」催しです。

※顔見知りのみの参加か、誰が参加するか分からないかが、ひとつの目安になります。

対象 対象外
【例示】
祭礼、縁日、初詣、夏祭り、花火大会 近隣者によるバーベキュー
高校、大学等の学園祭等
町内会、自治会の行事 幼稚園等で父母が主催する餅つき大会
展示会、物産展、フリーマーケット

対象火気器具等とは

消防法施行令第5 条の2 第1 項に規定する対象火気器具等をいいます。
主なものを例示すると下記のとおりです。

【例示】
気体燃料を使用する器具
(プロパンガスなど)
ガスコンロ、カセットこんろ
液体燃料を使用する器具
(ガソリンや灯油など)
発動発電機、石油ストーブ
固体燃料を使用する器具
(薪や炭など)
炭火焼こんろ、七輪
電気を熱源とする器具 電熱器、電気オーブン、電気こんろ、電気ストーブ

消火器の準備について

原則として1対象火気器具等に対し1本の消火器を準備する必要があります。
また、消火器は、原則として対象火気器具等を取り扱う者が準備することとしています。

準備する消火器について

市販されている一般的な消火器で、日本消防検定協会の合格の表示「検定マーク」があるものをご準備ください。

露店等の開設届出書の提出について

対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合は、所轄の消防署に露店等の開設届出書を提出する必要があります。
この届出は、露店等を開設する場合に消防署が事前に内容を把握し、必要に応じて火災予防へのアドバイスを行うことを目的としています。

お問い合わせについて

届出に関することでご不明な点などがありましたら、お近くの消防署等にお問い合わせください。

消防署名 電話番号
問い合わせ先
門司消防署 093-372-0119
小倉北消防署 093-582-0119
小倉南消防署 093-951-0119
若松消防署 093-752-0119
八幡東消防署 093-663-0119
八幡西消防署 093-622-0119
戸畑消防署 093-861-0119

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。