ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 消防局からのお知らせ > レンジフード・換気扇や排気ダクトの清掃・メンテナンスを欠かさずに

レンジフード・換気扇や排気ダクトの清掃・メンテナンスを欠かさずに

 近年、飲食店等における厨房の排気ダクトの不十分な維持管理やカセットコンロの不適切な使用が原因と思われる火災が全国的に相次いでいます。

油汚れなどがCO中毒事故・火災の原因に。

 排気ダクトや換気扇等の厨房設備を適切に維持管理することや、適正な火気器具の取り扱いについては、「北九州市火災予防条例(第3条の4他)」で関係者へ義務付けられており、事業所内を再度、点検するなど、火災や事故を発生させないように、従業員等への周知徹底をお願いします。

  • グリスフィルターの目詰まり、換気扇の故障などによる換気不良 → CO中毒事故の原因に!
  • 調理時の火が着火 → 火災の原因に!
メンテナンスを欠かさずに、注意喚起画像
あなたのお店は大丈夫?

北九州市火災予防条例(一部抜粋)

(厨房設備)
第3条の4 調理を目的として使用するレンジ、フライヤー、かまど等の設備(以下「厨房設備」という。)の位置、構造及び管理は、次に掲げる基準によらなければならない。

 (1)~(3)  略
 (4) 天がい及び天がいと接続する排気ダクト内の油脂等の清掃を行い、火災予防上支障のないように維持管理すること。

カセットボンベの取り扱いに注意

 カセットボンベは、高温になると内部の圧力が高くなり、ボンベが変形したり、場合によっては爆発する危険性がありますので、次の注意事項を守って使用しましょう。

  1. 火気には絶対に近づけない
  2. 卓上コンロを並べて使用しない
  3. コンロを覆うような大きな鍋等を使用しない
  4. 炭の火おこしなどに使用しない
卓上コンロを並べて使っている画像
卓上コンロを並べて使用しない
大きななべで卓上コンロを使っている画像
コンロを覆うような大きな鍋等は使用しない

参考資料

ダクト等が原因となった火災の件数
  市内での
出火件数
ダクト等が原因となった
火災の件数
平成25年 380件 8件
平成26年 304件 5件
平成27年 257件 3件
平成28年 256件 3件
平成29年 263件 2件

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。