ページトップ

消防団とは

高齢者宅への訪問

 消防団は、他に本業を持ちながら「自分たちのまちは自分たちで守る」という郷土愛護の精神に基づく地域の有志の人々によって組織された市町村の消防機関の1つです。
 消防団員は、火災時における消火活動、地震や風水害等の大規模災害時における救助・救出活動、避難誘導などに従事し、地域住民の生命や財産を守るために活動しています。
 平常時においても、訓練のほか、応急手当の普及指導、防火指導、広報活動などに従事し、「地域の防災リーダー」として重要な役割を担っています。
 また、女性の消防団員は、一人暮らしの高齢者宅への防火訪問など、女性の感性を生かした活動をしています。

消防団のあゆみ

 昭和38年、五市合併による北九州市の発足に伴い、門司消防団、小倉消防団、若松消防団、八幡消防団、戸畑消防団、洞海湾消防団の6団、89分団2,979人体制となりました。
 昭和49年、北九州市の行政区再編成と併せてスタートした「消防団の近代化計画」により、門司消防団、小倉北消防団、小倉南消防団、若松消防団、八幡東消防団、八幡西消防団、戸畑消防団、洞海湾消防団の8団、8本部、69分団、2,030人の体制となり現在に至っています。

はしご乗り
腕用ポンプ演技

組織

門司消防団 1本部 11分団  7支部
小倉北消防団 1本部  9分団 1支部
小倉南消防団 1本部 14分団 13支部
若松消防団 1本部  7分団  5支部
八幡東消防団 1本部  7分団  2支部
八幡西消防団 1本部 12分団  2支部
戸畑消防団 1本部  5分団
洞海湾消防団 1本部  4分団

このページの作成者

消防局警防部消防団・市民防災課
〒803-8509 小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3819 FAX:093-592-6898

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。