ページトップ

戸畑消防団の歴史

「戸畑消防団沿革簿」より

明治21年 (私設)戸畑消防組の誕生
 楠本耕作、大森永八、庄村真太郎の3人が発起人となって、若者組を基礎とした私設の戸畑消防組が創設された。これが、現在の戸畑消防団の起源となる。

 明治27年2月、消防組規則(明治27年勅令第15号)が発布された。

明治27年 (公設)戸畑消防組の誕生
 福岡県告示第86号で公設消防組設置の令達があり、公設の戸畑消防組が誕生した。
明治32年 改称:戸畑町消防組
 戸畑町施行に伴い戸畑町消防組と改称した。
大正4年  組織の拡充(第2部の増設)
 まちの進展に応じて、第2部を増設し組織を拡充した。この時から、従来の龍吐水及び腕用ポンプの使用を見直すこととした。
大正7年  ガソリンポンプの配置
 近隣の町に先んじてガソリンポンプ2台を購入配置した。

ガソリンポンプの画像
ガソリンポンプ(写真資料提供:川西市消防本部)

大正10年 組織の拡充(第3部の増設)
 第3部を増設する。
大正13年 改称:戸畑市消防組
 大正13年9月1日市制施行に伴い福岡県告示第702号をもって戸畑市消防組と改称する。
 当時、各部共部長の下に小頭5名、副小頭6名、消防手85名の組織で編成されていた。
昭和2年  消防自動車配置(3台)
 米国製消防自動車3台を購入し各部に配置した。

ポンプ自動車の画像
ポンプ自動車(昭和14年)写真資料提供:川西市消防本部

昭和6年  組織の拡充(第4部の増設)
 中原方面に第4部を増設し組織を拡充した。 また、自動車1台を購入し、第4部に配置した。

昭和14年  改称:戸畑市警防団
 警防団令の公布により、昭和14年3月20日付で、戸畑市警防団設置要綱を定めた。これにより、長い歴史と伝統をもつ戸畑消防組は、戸畑市防護団と一体となり『戸畑市警防団』と改組された。

戸畑市警防団の集合写真
戸畑市警防団1
戸畑市警防団の写真
戸畑市警防団2

昭和15年 戸畑消防署設置
 戸畑市に官設消防署が設置。
 (昭和15年には、他に八幡市、小倉市、門司市、若松市、川崎市が設置)

昭和19年 消防団本部の事務を市役所総務課に編入。

 太平洋戦争後、昭和22年4月30日、『消防団令(昭和22年勅令185号)』が公布され、即日施行されるとともに、同令附則において警防団令が廃止された。

昭和22年 改称:戸畑消防団
 10月1日、消防団令公布に伴い「戸畑消防団」と改称し、現在に至る。

このページの作成者

消防局戸畑消防署予防課
〒804-0082 北九州市戸畑区新池二丁目1番15号
電話:093-861-0119 FAX:093-883-0173

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。