ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 議会改革 > これまでの議会改革(平成22年度以降)

これまでの議会改革(平成22年度以降)

年月日 内容
平成22年度
平成22年4月14日 議会基本条例検討会を設置。交渉会派の議員15人で構成。
平成23年3月10日 「北九州市議会における政務調査費の交付に関する条例の一部改正」を可決。すべての領収書等の写しを添付することを義務づけ。
平成23年度
平成23年10月1日 議会基本条例施行。議会報告会の開催、常任委員会の所管調査事務の実施、本会議での一問一答方式の導入等について規定。
平成24年度
平成24年10月15日 議会改革協議会を設置。交渉会派の議員8人で構成。議員定数、議員報酬、費用弁償、政務活動費等について協議。
平成24年12月10日 「北九州市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正」を可決。議員報酬を約2年間8%減額。費用弁償を廃止。
平成24年12月10日 「北九州市議会における政務調査費の交付に関する条例の一部改正」を可決。政務調査費の月額を1人あたり3万円減額。
平成25年度
平成25年3月15日 議会改革協議会を設置。交渉会派の議員8人で構成。議員定数、議員報酬、費用弁償等について協議。
平成27年度
平成28年3月28日 「北九州市議会議員定数及び各選挙区選出議員数に関する条例の一部改正」を可決。市議会議員の定数を4人削減(61人→57人)。
平成28年3月28日 「北九州市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正」を可決。議員の住居から議事堂までの片道の距離の区分に応じ、費用弁償を支給。
平成28年度
平成28年9月1日 「北九州市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正」を可決。議員が定例会の会議を長期欠席した場合に、議員報酬の月額を減額。

このページの作成者

市議会事務局政策調査課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2632 FAX:093-582-2685

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。