ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 外国人市民施策 > 北九州市外国人市民懇話会 > 第1回 北九州市外国人市民懇話会

第1回 北九州市外国人市民懇話会

北九州市外国人市民懇話会を設置し、第1回の懇話会は、テーマを「北九州市の防災・国民保護」として、開催しました。

日時および場所

平成23年1月19日(木曜日) 18時30分から20時30分
北九州市役所本庁舎 特別会議室B

議事内容

  1. 北九州市代表あいさつ (総務企画局成長戦略・企画担当理事 伊藤 正志)
  2. 委嘱状交付
  3. 座長・外国人市民自己紹介
  4. 北九州市外国人市民懇話会の説明
  5. 北九州市の防災・国民保護に関する説明 (消防局危機管理室、総務企画局国際部)
  6. 意見交換

第1回懇話会要旨

北九州市の防災・国民保護について

防災について

  • 「準備」をどれくらいするかは、出身国の文化によって違うが、防災に関しては「準備」をきちんとした方がいい。
  • 起こる災害も、それに対する意識も、安全に対する思いも日本と外国では違う。その比較をすることによって、外国人は日本ではどうしたらいいのか、日本人は外国人がどう思っているかを知ることができると思う。この懇話会でお互いに話すことが、よい結果につながっている。
  • 津波が北九州市に来るとしたら、どの地域が危ないのか。
    (回答:北九州市では四国や宮崎県付近で大きな地震が発生した際、周防灘に面した地域(小倉南区、門司区)で津波の危険性がある。)
  • 大きい災害でパニックになった時、自分の国の言葉しかわからなくなると思うので不安である。

避難訓練について

  • 日本語が出来ない人が多い短期間で来日している外国人にも、防災に関する情報提供や訓練等をもっと行って欲しい。
  • 会社や大学で外国人も参加できる避難訓練を年に2、3回行って欲しい。
  • パンフレットやマスコミ等を使って知識と情報を得て、訓練をすることで、外国人にも防災の意識が自然に身に付くと思う。
  • 絆をつくるために、避難訓練は外国人と日本人が別々にするのではなく、一緒にするのがよい。
  • 東日本大震災をこれからの街づくりや人間関係作りに、どう役立たせるかが課題だ。
  • 災害が起きた場合、玄海原子力発電所が気になるので、もし何かあった場合、素早く情報を伝達してほしい。また、被災地域からの受け入れを検討するだけではなく、みなが危機感を持ってあたるべきだ。

「北九州市外国人のための防災ハンドブック」について

  • 我々のような日本語がわかる外国人には、とても役立つ。
  • 外国人を雇用している会社にも紹介して欲しい。
  • ハンドブックに記載されている福岡県防災メール『まもるくん』の言語については、英語だけでなく、他の言語もあるとよい。
  • さらに重要な情報(電話番号等)を、コンパクトに(紙1枚程度)にまとめたものがあるとよい。
  • ふりがな付きのやさしい日本語で、内容もわかりやすい。
  • 外国語の部分は、やさしい日本語から各言語に翻訳をしているため、ネイティブにとっては内容が簡単過ぎる。普通の詳しい日本語の内容を翻訳した方がいい。

北九州市国民保護計画について

  • 国民保護計画は在住外国人も対象としているが、外国人は日本「国民」ではない。このように「国民」という用語の使うと、外国人が言葉上、対象に入らなくなる。言葉の使い方は、市民の意識に関わる大切なことだと思うので、多言語化を推進する際には、用語にも気を配って欲しい。

その他

その他、委員から次のような意見も出された。

  • これからは、積極的に防災訓練に参加したい。
  • 外国人が集まる機会に、ここで知ったことを紹介したい。

配布資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

企画調整局国際部国際政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2146 FAX:093-582-2176

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。