ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 外国人市民施策 > 北九州市外国人市民懇話会 > 第8回 北九州市外国人市民懇話会

第8回 北九州市外国人市民懇話会

第8回 北九州市外国人市民懇話会

 第8回の懇話会は、「次期国際政策推進大綱について」等をテーマとして開催しました。

日時及び場所

平成27年7月22日(水曜日) 18時30分から20時30分まで
北九州市役所本庁舎 5階 特別会議室A

議事内容

1 議事

 (1)北九州市代表あいさつ
 (2)座長・外国人市民 自己紹介
 (3)意見交換
  ア 次期「国際政策推進大綱」について
  イ 平成27年国勢調査について
  ウ 委員提案議題について

第8回懇話会議事要旨

【次期「国際政策推進大綱」について】

  • 同じ区内だが、以前住んでいた地域ではよく近隣住民との交流があったが、今住んでいる地域では、そういった交流がしにくい。地域によって雰囲気が異なるが、周囲が若い人ばかりなので、なかなか交流がない。以前のところは年長者が多く、交流しやすかった。
  • 外国人雇用について、よく分からないことが多く、不安を抱えている企業も多い。そういう企業も1人、2人と雇用すれば不安も解消される。なので、日本の企業向けの相談業務をすることも、ひいては外国人雇用支援につながる。
  • 国際政策推進大綱は、高い建物のようなものだ。1階部分は安心・安全について。これは健康・医療・防災システムなどで、外国人にしっかりと伝えなくてはならない。その次の2階・3階部分がこれからは必要。市内の大学で学んだ学生に、いかにして北九州で働いてもらうか、定着してもらうか、北九州市内で就職したい人への日本語サポートなど、積極的なサポートが2階部分。
  • 外国人を積極的に活用したいと考えている企業への啓発はもちろん、日本の企業で働きたいと思っている外国人にも何をすればいいか啓発することが大切。調べれば分かることと思われるかもしれないが、法務局のホームページなどを見ても、情報がなかったり、難しい言葉で書かれていたりする。
  • 北九州市内で、行政書士など相談ができる人がいればいいと思う。
  • 私の感覚では、ちゃんと作成することができれば、入管に提出する資料は多くない。しかし、ビジネスマナーなど、別の面で日本の企業で働くことの難しさはある。我々外国人としては、どこの企業がどこの国の人を採用したがっているのかという情報が欲しい。

【平成27年国勢調査について】

  • この調査の目的は?
    ⇒人口や就業者などを正確に把握するためのもの。

【委員提案議題について】

  • ドイツの大学授業料無料化について、議題として提案した。
  • 北九州で大学の無料化をしても、卒業して他の地域に出て行ってしまったら意味がない。卒業後も残ってもらうための方策が大切。
    大学を無料化する前に、卒業後も北九州に残る人を増やす対策をとるべき。
  • ヨーロッパでは税金が高いので、授業料も安く出来ている部分がある。

配布資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

企画調整局国際部国際政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2146 FAX:093-582-2176

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。