ページトップ

PPP/PFIとは

  PPP(Public Private Partnership:パブリック・プライベート・パートナーシップ)とは、これまで公的セクターが提供してきた公共施設整備などの公共サービスに、民間の資金・経営能力・技術的能力を取り入れることを指します。

  その代表的な手法がPFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)であり、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法です。日本では、「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)が平成11年7月に制定され、本格的に導入がはじまりました。

  北九州市においても、民間の資金・経営能力・技術的能力を活用することにより、効率的かつ効果的に公共サービスを提供できる事業について、民間活力を活用した事業手法のひとつとしてPPP/PFIに取り組み、事業コストの削減とより質の高い公共サービスの提供を目指します。

このページの作成者

総務局行政経営部行政経営課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2160 FAX:093-562-1307

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。