ページトップ

DVとは?

1 DVとは?

 DVとは、「ドメスティック・バイオレンス」の略で、一般的には「夫や恋人など親密な関係にある、または関係のあった者からの暴力」という意味で使用されます。
 DVは、被害者の多くが女性であることから女性の人権を著しく侵害する社会的な問題であり、また男女間の固定的役割分担意識、経済力の格差、男尊女卑意識の残存など、我が国の男女が置かれている状況等に根ざした構造的問題でもあるため、男女共同参画社会を形成して行く上で克服すべき課題の一つです。

2 DVの種類

 一口に「暴力」といっても様々な形態が存在します。これらの様々な形態の暴力は単独で起きることもありますが、多くは何種類かの暴力が重なって起こっています。また、ある行為が複数の形態に該当する場合もあります。

【身体的暴力】

 身体的暴力は、殴ったり蹴ったりするなど直接何らかの有形力を行使するものです。刑法第204条の傷害や第208条の暴行に該当する違法な行為であり、たとえそれが配偶者間で行われたとしても処罰の対象となります。

  • 平手で打つ
  • 足でける
  • 身体を傷つける可能性のある物でなぐる
  • 刃物などの凶器をからだにつきつける
  • 髪をひっぱる
  • 首をしめる
  • 腕をねじる
  • 引きずりまわす
  • 物をなげつける   など

【精神的暴力】

 精神的暴力は、心無い言動等により相手の心を傷つけるものです。精神的な暴力については、その結果、PTSD(外傷後ストレス障害)に至るなど、刑法上の傷害とみなされるほどの精神障害に至れば、刑法上の傷害罪として処罰されることもあります。
※「精神的暴力」を、さらに「経済的暴力」や「社会的暴力」、「子どもを巻き込んだ暴力」に分類する場合もあります。

  • 大声でどなる
  • 『誰のおかげで生活できるんだ』『かいしょうなし』などと言う
  • 実家や友人とつきあうのを制限したり、電話や手紙を細かくチェックしたりする
  • 何を言っても無視して口をきかない
  • 人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする
  • 大切にしているものをこわしたり、捨てたりする
  • 生活費を渡さない
  • 外で働くなといったり、仕事を辞めさせたりする
  • 子どもに危害を加えるといっておどす
  • なぐるそぶりや、物をなげつけるそぶりをして、おどかす   など

【性的暴力】

 性的暴力は、嫌がっているのに性的行為を強要したり、中絶を要求する、又は避妊に協力しないといったものです。

  • 見たくないのにポルノビデオやポルノ雑誌をみせる
  • 嫌がっているのに性行為を強要する
  • 中絶を強要する
  • 避妊に協力しない   など

 出典:内閣府ホームページ「暴力の形態」

3 DVのサイクル

 暴力には、3つの時期からなるある一定のサイクル(周期)があると言われ、繰り返される場合が少なくありません。

【緊張形成期】(張り詰めた期間)

 次第に緊張が高まり、ちょっとしたことで今にも暴力が起こりそうな時期です。
 加害者は、言葉や態度で被害者を脅かしたり、けなしたり、馬鹿にしたりします。

【爆発期】(暴力が起こる)

 加害者が暴力を振るう時期です。
 被害者を殴ったり蹴ったり、物を壊したりなどの暴力がふるわれます。

【開放期】(ハネムーン期)

 加害者が、「すまなかった」「もう殴らないから許してくれ」と泣いて謝り、被害者の好きなものをプレゼントするなど一時的に優しくし、相手が変わるのではないかという期待を抱かせます。なかには開放期がほとんどなく、暴力を振るった後はまるで何事もなかったように振る舞うだけということもあります。

出典:「バタードウーマン 虐待される妻たち」レノア・E・ウォーカー

DVのサイクル

このページの作成者

総務局女性の輝く社会推進室男女共同参画推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2405 FAX:093-582-2624

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。