ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 周年記念事業 > 市制50周年記念事業について > 北九州市制50周年記念事業について

北九州市制50周年記念事業について

昭和38年2月10日に旧五市(門司・小倉・八幡・若松・戸畑)が対等合併し誕生した本市は、平成25年2月10日に市制50周年を迎えます。

この節目の年を市民の皆さまと共に祝い、これまでの50年を振り返るとともに、これからの50年を展望することで、未来へとつなげる年にしたいと考えております。

市制50周年記念事業の推進体制

記念事業についての検討を行うため、市民団体や経済団体の代表者等を委員とする「北九州市制50周年記念事業検討委員会」を設置し、記念事業の基本的な考え方や事業の方向性などを「記念事業基本構想(案)」としてまとめ、市に提示しました。市は、この基本構想(案)を参考として、平成23年12月に、「北九州市制50周年記念事業基本構想」を策定しました。

記念事業の実施にあたっては、官民が一体となった「北九州市制50周年記念事業実行委員会」を設立し、市民・企業・団体・行政等が相互に連携して記念事業を展開します。

また、市役所内部には全庁的な組織として「北九州市制50周年記念事業推進本部」を設置し、市役所内部の全体調整、実行委員会等との連携を図ることとしています。

北九州市制50周年記念事業実行委員会

設置目的

記念事業基本構想の趣旨に沿った主催事業の実施や、記念事業全体の広報・PR、市民・団体・企業・行政の連携などの全体調整等に取り組み、官民が一体となった、記念事業の円滑な推進を図ることを目的とします。

実行委員会設立趣意書・会則・名簿

会議の内容

北九州市制50周年記念事業検討委員会

設置目的

記念事業のテーマ・コンセプトや実施する事業の検討等を行い、市制50周年に向けた記念事業基本構想(案)を策定することを目的とします。(平成23年12月に基本構想の策定が完了したため解散しました。)

委員会の構成

市民団体・経済団体・行政の代表者や専門家など15名の委員で構成します。

会議の内容

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

総務局総務部総務課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2102 FAX:093-582-2345

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。