ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 若松区 > 区政情報 > 各課からのお知らせ > 『春の交通安全県民運動』

『春の交通安全県民運動』

よくみせて ちいさなきみの おおきなて

4月6日(金曜日)から4月15日(日曜日)まで「春の交通安全県民運動」が実施されました。

運動の重点

  • 子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  • 飲酒運転の撲滅
  • 自転車の安全利用の推進
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

交通ルール・マナーを守って、交通事故のない若松区を目指しましょう!

春の交通安全県民運動のチラシ画像
春の交通安全県民運動のチラシ

1.子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

通学時や放課後の子どもの事故が今なお発生しており、また、交通事故死者の半数以上が高齢者です。

  • 子どもと高齢者に対する思いやりのある運転をしましょう。
  • 高齢運転者は、運転能力に応じた安全運転を心がけましょう。
  • 早めにライトを点灯し、ハイビームを効果的に活用しましょう。
  • 夕暮れ時、夜間に外出するときは、反射材用品や明るい服装を着用しましょう。
  • 子どもと高齢者に対する交通安全指導、保護誘導活動を推進しましょう。
  • 高齢運転者が運転に不安があるときは、免許の自主返納も含めて、家庭内でよく話し合いましょう。
交通安全グラウンドゴルフ大会(今年の様子)の写真
交通安全グラウンドゴルフ大会(今年の様子)

2.飲酒運転の撲滅

飲酒運転は犯罪です。

飲酒運転は、「絶対しない、させない、許さない」そして「見逃さない」ことを徹底しましょう。

  • 車を運転するときは、アルコールが残っていないか確認しましょう。
  • 飲酒運転を見かけたら、110番通報しましょう。
  • 車を運転することを知りながら酒を勧めること、
    酒を飲んで運転するおそれのある人に車を貸すこと、
    飲酒運転の車に同乗することは犯罪です。お互いに注意し合いましょう。
  • 飲酒運転撲滅宣言企業(店)の登録に努めましょう。
  • 「ハンドルキーパー運動」を積極的に推進しましょう。
春の交通安全運動キャンペーン(今年の様子)の写真
春の交通安全運動キャンペーン(今年の様子)

3.自転車の安全利用の推進

「自転車安全利用五則」を守りましょう
(1)自転車は車道が原則、歩道は例外
(2)車道は左側を通行
(3)歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
(4)安全ルールを守る
(5)子供はヘルメットを着用

  • 歩道を通行する際は、歩行者優先で、安全な運転を心がけましょう。
  • 夕暮れ時は早めにライトを点灯し、反射材用品を着装しましょう。
  • 自転車保険に加入しましょう。
  • 児童等には、ヘルメットを着用させましょう。また、高齢者もヘルメットを着用するよう努めましょう。
  • 「ながらスマホ」の危険性・迷惑性について話し合いましょう。
交通安全自転車教室(今年の様子)の写真
交通安全自転車教室(今年の様子)

4.全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

後部座席のシートベルトやチャイルドシートを着用しないと、事故時に前席の人に激突したり、車外に投げ出されるなど、大きな被害につながります。

  • 車の乗る全ての人がシートベルトを正しく着用しましょう。
  • チャイルドシートは、体格に合ったものを使用し、座席に正しく取り付けましょう。
  • 後部座席を含めた全ての座席でのシートベルト等の着用の必要性について話し合いましょう。
交通事故死ゼロを目指す日街頭キャンペーン(今年の様子)の写真
交通事故死ゼロを目指す日街頭キャンペーン(今年の様子)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

若松区役所総務企画課
〒808-8510 北九州市若松区浜町一丁目1番1号
電話:093-761-5321 FAX:093-751-6274

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。