ページトップ

五卿上陸地

所在地 舟町7番10号
 文久3年(1863年)、政変により公武合体派が優勢となり、攘夷派の公卿三条実美(さんじょうさねとみ)ら7人は、京都を追われ、長州へ逃れました。世に「七卿落(しちきょうおち)」と言われた事件です。
 その後5人となった公卿は、第一次長州征討の結果、太宰府へ配流と決まり、五卿は元治2年(1865年)1月15日、彦島をたち、黒崎湊に上陸しました。碑は、もと100メートルほど西にありました。
 五卿は、三条実美、三条西季知(さんじょうにしすえたち)、東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)、壬生基修(みぶもとなか)、四条隆謌(しじょうたかうた)です。

五卿上陸地写真

このページの作成者

八幡西区役所コミュニティ支援課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1441

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。