ページトップ

石坂の急坂

所在地 石坂二丁目5番
 江戸時代、この地は長崎街道の黒崎宿と木屋瀬宿の間にある難所でした。下石坂への道は現在階段になっていますが、急坂が残っています。
 黒崎方面の地形は現在その面影を知ることもできませんが、かつては小嶺インターチェンジ付近から山を登り、頂上から「アケ坂」という急坂を下り、さらには「中の谷」の谷底から上石坂の急坂を登るという難所でした。このため、大名でさえも駕籠を降りて歩いたといわれています。
 この石坂の頂上には、諸大名や長崎奉行などが休憩した「立場茶屋銀杏屋」があり、その周辺には茶店等がありました。

石坂の急坂写真

このページの作成者

八幡西区役所コミュニティ支援課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1441

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。