ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 八幡西区 > 区政情報 > 各課からのお知らせ > みんなで防ごう!イノシシ被害

みんなで防ごう!イノシシ被害

八幡西区では、近年、山間部に近い市街地にイノシシが出没し、様々な被害が出ています。

このため、市は有害鳥獣としてイノシシを捕獲(駆除)していますが、
イノシシは非常に繁殖能力が高いため、捕獲(駆除)だけでは根本的な問題解決には至りません。

イノシシを近づけない工夫をし、イノシシと上手につきあっていくことが大切です。

地域のみなさんで力を合わせ、『イノシシが近付きにくい(イノシシを呼び寄せない)環境』をつくりましょう!

1 餌付けをやめよう!

イノシシがまち中に出てくる最大の目的は「エサ(食べ物)」です。
食べ物のない場所は、イノシシにとって魅力がありません。

「意図的な(故意の)餌付け」だけでなく、「知らないうちに行っている餌付け」もしないようにしましょう!

(1) エサを与えない

イノシシにエサを与えるとイノシシが人に馴れて街中に出没するようになるので、エサと与えないようにしましょうという画像
  • エサ(食べ物)を与えると、人馴れをしてしまい、まち中に頻繁に出没するようになります。
  • 空き地のごみ(生ごみなど)もエサになります。
  • 予想もしていない動きで、ケガをさせられる可能性があります。

(2) 犬や猫などのエサを正しく管理

犬や猫などのエサを放置するとイノシシが寄ってくるので、エサを放置しないようにしましょうという画像
  • 犬や猫にエサを与えるときは、片付けまで責任をもって行いましょう。
  • イノシシは非常に臭覚が優れているので、エサを放置すると、匂いで誘き寄せてしまいます。

(3)家庭菜園などの管理

家庭菜園を柵で守っている画像
  • 家庭で野菜や植物などを育てる場合は、柵などを設置し、イノシシの侵入を防ぎましょう。
  • 育てた野菜(野菜くずも含む)を畑に放置しないようにしましょう。

※ 放置された空地や空家があると、イノシシの隠れ場所になってしまい、イノシシは安心してまち中に出没しやすくなります。
 

(4) ごみ出しマナーの徹底

ごみ出しマナーの画像
  • ごみ袋の口はきちんと結びましょう。
  • ごみ出しの時間を守りましょう。
  • ごみ箱を荒らされないように、柵を設置したり、金属製のごみ箱を利用することも効果的です。

※ 金属製のごみ箱を設置するなどごみステーションの改良については、市に補助金制度があります。
   ごみ集積容器の設置には、環境センターとの事前協議が必要ですので、皇后崎環境センターにご相談ください。

   皇后崎環境センター 電話:093-631-5337

2 イノシシの隠れ場所をなくそう!

草刈をしている画像
  • 地域の皆さんで協力し、草刈や清掃を行いましょう。

※ 放置された空地や空家があると、イノシシの隠れ場所に なってしまい、イノシシは安心してまち中に出没しやくすな ります。

3 イノシシの侵入を防ごう!

イノシシが侵入ができないよう、壁を設置した画像
  • イノシシの侵入路や、イノシシに侵入してほしくない場所に、柵などを設置しましょう。

※ 柵等の設置方法など侵入防止策について、現地で具体的にアドバイスいたしますので、下記担当へご相談ください。

被害相談窓口

≪イノシシの出没情報やご相談は≫

  • 八幡西区役所
     総務企画課 広報広聴係
     電話:093-642-1441 (内線274)
  • 西部農政事務所 農産係
     電話:093-693-9912

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

八幡西区役所総務企画課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1441 FAX:093-621-0862

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。