ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 税・保険・年金 > > 地方税分野におけるマイナンバーの利用について

地方税分野におけるマイナンバーの利用について

平成28年1月からマイナンバーの利用が始まります

マイナンバー制度の導入に伴い、平成28年1月以降は市税の手続きをする際、申請書等にマイナンバーを記入していただく書類があります。
マイナンバーを記入いただく書類を提出する際には、「番号確認(ご本人のマイナンバーの確認)」と「身元確認(ご本人であることの確認)」を行います。

本人確認書類の提示について

他人のマイナンバーを告知することによる「なりすまし」等の被害を防止するため、本人確認(番号確認と身元確認)が義務付けられています。
(1)個人番号カードなら1枚で確認可
(2)通知カード+官公署が発行した顔写真付きの公的な証明書(運転免許証、パスポート等)※
※官公署が発行した顔写真付きの公的な証明書をお持ちでない方は、公的医療保険の被保険者証、介護保険の被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書又は特別児童扶養手当証書で代えられます。いずれの証明書、書類もお持ちでない方は、事前に税務窓口にご相談ください。
※市税証明書交付申請時の「本人確認」とは異なりますので、ご注意ください。

本人の代理人からマイナンバーの提供を受ける場合は、代理権の確認、代理人の身元確認及び本人の番号確認を行います。

このページの作成者

財政局税務部税制課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2030 FAX:093-562-1039

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。