ページトップ

市の仕事と市税

さまざまな市の仕事

地方公共団体(都道府県、市町村)は、県民・市民生活にかかわりの深いさまざまな仕事をしています。
 北九州市も、戸籍・住民登録、学校・病院・公園などの建設や管理、清掃、社会福祉、消防、水道・交通などの公営企業の経営など、市民に身近で欠かすことのできない仕事をしています。
また、北九州市は政令指定都市のため、保健衛生、児童福祉、都市計画などの仕事(本来は県の仕事)も福岡県に代わって行っています。

市税はなぜ必要か

北九州市が、その仕事を行うためには多くの経費がかかります。その経費はみんなで負担していかなければなりません。この負担が市税です。
 市民のみなさん一人ひとりが、北九州市の主人公として、市政に積極的に参画するとともに、必要な経費も負担することによって市政が支えられています。
 その意味では、市税は市民としての会費のようなものと言えます。

市税の使い途

  • 住宅、公園、道路、港湾などの建設・管理
  • 学校、図書館などの設置・管理
  • 病院、保健福祉センターなどの設置・管理
  • 年長者福祉、児童福祉などの充実
  • 戸籍、住民登録
  • 消防、救急活動
  • 水道、交通などの公営企業の経営
  • 環境工場の維持、環境保全

このページの作成者

財政局税務部税制課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2030 FAX:093-562-1039

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。