ページトップ

国税のあらまし

地方交付税

地方公共団体が平均的な仕事をするために必要な財源を保証するため、財政力の弱い団体の財源を補う地方交付税は、所得税、法人税、消費税、酒税及びたばこ税の一定割合をその総額としています。

地方譲与税

地方法人特別税、地方揮発油税、石油ガス税、航空機燃料税、自動車重量税及び特別とん税は、その全部または一部が一定の客観的基準(人口、道路の延長距離や面積など)によって地方公共団体に譲与され、貴重な財源となっています。

国税の種類

国税 普通税 直接税 所得税 1月1日から12月31日までの1年間に生じた個人の所得に対してかかります。
法人税 法人の各事業年度の所得等に対してかかります。
地方法人特別税 地方公共団体に財源を譲与するため、事業を行う法人の各事業年度の所得等にかかります。
地方法人税 地方交付税の財源とするため、法人の各事業年度の法人税額に応じてかかります。
相続税 相続又は遺贈により財産を取得したときにかかります。
贈与税 個人から財産を無償又は通常の価額より低い対価で取得したときにかかります。
地価税 個人又は法人が保有する土地及び借地権等にかかります。(当分の間適用を停止)
間接税 消費税 事業者の販売する商品やサービスにたいしてかかります。
酒税 酒やビールなどの酒類を製造場から出荷するときにかかります。
揮発油税 自動車用ガソリンに対してかかります。
地方揮発油税 地方公共団体に財源を譲与するため、自動車用ガソリンに対してかかります。
石油ガス税 自動車用のプロパンガスに対してかかります。
石油石炭税 原油、天然ガス、石炭及び石油製品に対してかかります。
航空機燃料税 航空機用燃料にかかります。
関税 輸入貨物に対してかかります。
とん税 外国貿易船が入港するときにかかります。
印紙税 契約書、手形、領収書、預貯金証書などの特定文書を作成するときにかかります。
登録免許税 不動産、会社などの登記や著作権、出版権などの登録などにかかります。
自動車重量税 車検を受ける自動車及び使用の届出をする軽自動車にかかります。
たばこ税 たばこを製造場から出荷したときや輸入したときにかかります。
たばこ特別税 たばこを製造場から出荷したときや輸入したときにかかります。
目的税 間接税 電源開発促進税 原子力発電施設等の設置の促進等のため、一般電気事業者の販売電気にかかります。
特別とん税 地方公共団体に財源を譲与するため、とん税とあわせてかかります。

このページの作成者

財政局税務部税制課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2030 FAX:093-562-1039

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。