ページトップ

自主納税

自主納税

 北九州市では納税の本来の姿である自主納税制度を推進しています。
 市税は納税者のみなさんに、定められた納期限までに金融機関の窓口等で自ら納めていただくことになっています。これを自主納税といいます。

滞納と延滞金

 定められた納期限までに納税しないことを滞納といい、納期限までに納めた人との公平を保つため、本来納めるべき税金のほかに延滞金も併せて納めていただきます。

納期限までに税金を完納しなかった場合

納期限の翌日から納付の日までの日数に応じ、次の割合で計算した延滞金が加算されます。

平成25年12月31日まで
 ア 納期限の翌日から1ヶ月を経過する日までの期間は・・・・・・年7.3パーセント
 (但し、平成12年1月1日から平成25年12月31日までは、前年の11月30日現在の商業手形の基準割引率に年4パーセントの割合を加算した割合。加算後の割合の上限 年7.3パーセント)
 イ その後の期間については・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・年14.6パーセント

平成26年1月1日から
 ア 納期限の翌日から1ヶ月を経過する日までの期間は・・・・・・特例基準割合に年1パーセントを加算した割合(加算後の割合の上限 年7.3パーセント)

    平成29年は2.7パーセント

 イ その後の期間については・・・・・・・・・・・・・・・・特例基準割合に年7.3パーセントを加算した割合(加算後の割合の上限 年14.6パーセント)

    平成29年は9.0パーセント

  ※「特例基準割合」とは、各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合として、各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1%の割合を加算した割合です。

滞納処分

 滞納になると、まず督促状により納税を促すほか、電話や文書による催告などを行います。
 それでもなお滞納したままでいますと、税負担の公平性を保つため、滞納している人の財産(給料その他の債権、不動産、自動車等)を差し押さえ、さらにその財産を公売するなどの滞納処分を行うことになります。

自主納税にご協力を

 このように市税の滞納は、納税者にとって、延滞金を加算されたり、財産を滞納処分されるなど不利益であることはもちろん、北九州市にとっても滞納整理に多くの費用がかかります。
 この費用も結局は、貴重な市税から支出されることになります。期限を守って自主納税にご協力ください。

このページの作成者

財政局税務部収税課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2031 FAX:093-562-1039

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。