ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 介護予防 > オンライン介護予防教室(きたきゅう体操編)
ページ本文

オンライン介護予防教室(きたきゅう体操編)

更新日 : 2022年9月15日
ページ番号:000163183

 ビデオ会議システム『ZOOM』を使った「介護予防教室(きたきゅう体操編)」に、ご自宅から参加しませんか?

『ZOOM』アプリの取り込み方や操作は、事前に対面にて丁寧に説明いたします。感染のリスクが少ないオンラインでみんなと繋がって、一緒に体を動かしましょう!

チラシ「令和4年度オンライン介護予防教室きたきゅう体操編」(PDF形式:601KB)

きたきゅう体操とは

北九州市オリジナル体操ロゴ画像

 高知の「いきいき百歳体操」を参考に、リハビリテーション専門家の助言のもと、独自の動きを加えて北九州市の「介護予防体操」として開発しました。北九州市民にとって、身近な健康づくりの体操となるよう親しみを込めて『きたきゅう体操』という愛称で呼んでいます。

ページの最後に動画を公開していますので、ぜひご自宅で取り組んでみてください。

  1. 椅子に座ったままでも行うことができます 
  2. 転倒しにくい立ち上がり方など、生活に必要な動きを取り入れています
  3. おもりを使って、体力に応じた効果的な筋力アップがはかれます
  4. 動きを覚えることで、脳の活性化としても効果が期待されます
北九州市介護予防キャラクター きたちゃんきゅうちゃん

オンライン介護予防教室 きたきゅう体操編

内容

 市オリジナルの介護予防体操である「きたきゅう体操」を中心に、「介護予防」について学ぶ教室です。

スケジュール

令和4年度オンライン介護予防教室きたきゅう体操編

オンラインきたきゅう体操編スケジュール(PDF形式:44KB)

上記日程は変更になる場合がございます。

(新型コロナウィルス感染状況などによっては、延期もしくは中止となる場合があります)

対象

  • メールアドレスをお持ちで、メールでの送受信が可能な方
  • カメラでご自身の姿や、ご自宅の様子を映しても問題のない方
  • 事前の対面による操作説明会も含め、全日程(7回)参加可能な方
  • 65歳以上の市民で、健康上の問題や医師による運動制限のない方

 以下の項目に該当する方は、教室への参加が体への負担となる可能性が高いため、参加をお断りすることがあります。参加いただいている場合でも、安全上の理由により、途中で参加を中止していただく場合があります。
  (注)に当てはまる場合は、主治医へ相談した上で参加の可否を検討します。

 (1)心筋梗塞、脳卒中を最近6ヶ月以内に起こしたことがある。
 (2)急性期の肺炎・肝炎などの炎症がある。
   (注)慢性期のウィルス性肝炎で活動期にある場合
 (3)糖尿病があり重篤な合併症(網膜症、腎症)がある、または、HbA1c値が8.4以上である。
   (注)合併症がある、または、HbA1cの値が7.4以上8.4未満である場合
 (4)血圧値が収縮期血圧180mmHg以上、または、拡張期血圧110mmHg以上である。
   (注)収縮期血圧180mmHg未満の高血圧である場合
 (5)狭心症、心不全、重症不整脈がある。
   (注)コントロールされた心疾患・不整脈がある場合
 (6)慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫など)で、息切れ・呼吸困難がある。
   (注)症状の軽い状態である場合
 (7)関節痛・関節炎・腰痛・神経症状があり、急性期である。
   (注)慢性期である場合
 (8)その他
   (注)骨粗しょう症で、かつ、脊椎圧迫骨折の既往がある場合
   (注)認知機能低下により参加が困難である場合

参加者にご準備いただく物

  1. オンライン端末(パソコン、タブレット、スマートフォンのいずれか)
  2. インターネット環境(Wi-Fi接続または有線接続)
  3. 安定した椅子(キャスターや肘掛けのない、背もたれ付きの椅子)
  4. 運動スペース(2メートル四方程度の広さ)
参加者にご準備いただく物

参加費

参加費は無料です。

ただし、インターネット通信料は参加者負担となります。

定員

1教室あたり10名(申込多数の場合は抽選)

注意:インターネット環境状態などによって最終的にお断りする場合があります。

申込み方法(往復はがき・電子申請)

  • 夏期教室申込み期間:令和4年6月1日~6月22日
  • 秋期教室申込み期間:令和4年9月15日~9月30日

上記期間中に、「往復はがき」または「電子申請」・「メール・FAX」いずれかの方法でお申込みください。

「往復はがきで申込む方法」

各申込期間内に、下記の項目を記入のうえ、認知症支援・介護予防センターに送付下さい。
往復はがきの場合、返信欄にご自身のご住所、お名前をお書きください。

送付先は下記をご参照ください

  1. 参加者氏名
  2. 郵便番号
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. 年齢
  6. 性別
  7. 生年月日
  8. メールアドレス
  9. 使用するオンライン端末の種類

「FAX・メールで申込む方法」

チラシの裏面の申込用紙にご記入のうえFAX:093-522-8773まで送信ください

メール送信先はho-ninchicenter@city.kitakyushu.lg.jp件名に「オンラインきたきゅう体操申込」とご記入ください。

メールの本文に上記項目をご記入する方法でも申込可能です。

【チラシ】令和4年度オンライン介護予防教室きたきゅう体操編(WORD形式:1KB)

「電子申請を利用して申込む方法」

各申込期間内に、1または2の方法で電子申請フォームから手続き下さい。

  1. 【チラシ】令和4年度オンライン介護予防教室きたきゅう体操編(PDF形式:601KB)の二次元コードを読み取る
  2. 下記電子申請ページよりお申込みください
    このリンクは、受付期間が9月15日~9月30日の「秋期教室」申込ページです

申込み・問い合わせ先

認知症支援・介護予防センター 「きたきゅう体操」係
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借1丁目7番1号 総合保健福祉センター内
 電話:093-522-8765 FAX:522-8773

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局技術支援部認知症支援・介護予防センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8765 FAX:093-522-8773

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。