ページトップ
ページ本文

高齢者福祉における「地域包括ケアシステム」の構築に向けて

地域包括ケアシステムとは、「地域の実情に応じて、高齢者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護、介護予防(要介護状態若しくは要支援状態となることの予防又は要介護状態若しくは要支援状態の軽減若しくは悪化の防止をいう。)、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制(持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律 第4条第4項)」とされています。

本市でも、昭和22(1947)年から昭和24(1949)年に生まれた、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる2025年を目処に、その構築に取り組んでいます。

地域包括ケアシステム啓発チラシ_表(PDF形式:72KB)
地域包括ケアシステム啓発チラシ_裏(PDF形式:658KB)
「いきいき長寿プラン」での実施事業(抜粋)(PDF形式:165KB)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部長寿社会対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2407 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。