ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 高齢者支援 > 高齢者の生きがいづくり > 高齢者の施設利用料減免手続き等の見直しについて
ページ本文

高齢者の施設利用料減免手続き等の見直しについて

これまで本市では、高齢者の生きがいづくりや社会参加促進のため、その年度に65歳を迎える市民に対して、文化・体育施設等の利用時に提示することで、割引料金で施設を利用できる「年長者施設利用証」(以下、「利用証」)を交付してきましたが、高齢者の利便性を高めることを目的に、平成31年度から、利用証の新規発行を廃止し、身分証明書の提示により割引料金を適用できるように取扱いを変更します。

併せて、「受益と負担のあり方」の見直しに伴い、これまで10割減免となっていた対象施設の料金を7割減免に変更します

 

(見直し後の取扱い)

・平成30年度をもって、利用証の発行を終了します(紛失や破損等の場合の再発行を含む)。

 

・平成30年度以前に交付された年長者施設利用証は、平成31年度以降も引き続き利用できます。

 

・施設利用の際は、公的機関が発行した65歳以上の市民であることを確認できる証明書を提示してください(住所、氏名、生年月日の記載のあるもの。運転免許証、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、マイナンバーカード等)。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部長寿社会対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2407 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。