ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の受給手続き
ページ本文

令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の受給手続き

更新日 : 2022年8月1日
ページ番号:000163398

『確認書』の記載・提出

  1. 確認書等の送付

    対象となる世帯の世帯主宛に、令和4年2月に『案内チラシ』、『住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書』を郵送しています。

    【送付書類の見本等】
    『案内チラシ』(PDF形式:393KB)
    『住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書』(記入例)(PDF形式:1.9MB)
    多言語による『住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書』(記入例)はこちら

  2. 必要事項の記入
    記載内容を確認のうえ
    (1)世帯主、(2)確認日、(3)連絡先電話番号 
    を必ず記入してください。
     

  3. 支給要件の確認
    確認欄に記載のある
    (1)世帯の全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けていません。
    (2)世帯の中に、住民税課税となる所得があるのに未申告である者はいません。
    に該当する場合、チェック欄の▢にチェックを入れて下さい。(1)、(2)の両方に該当する(▢にチェックがある)場合に限り、支給対象とします。
     
  4. 振込口座の確認
    あらかじめ印字された口座以外への振込を希望される方又は口座欄が空欄の方は、裏面の『口座の登録・変更について』欄に金融機関名等を記入し、口座名義・口座番号が分かる通帳面、もしくはキャッシュカードのどちらかの写し(コピー)を同封して下さい。
     
  5. 提出
    記入漏れや添付書類の不備が無いか確認のうえ、同封の専用封筒で返送してください。

【注意事項】
 (1)『確認書』の提出期限は、発行日より3か月以内です。
 (期限内に返送が無い場合は、本給付金の支給を辞退したものとみなします。)
 (2)窓口での受付は行っていません。

オンライン申請について

令和3年度住民税非課税世帯のオンライン申請は、令和4年7月31日(日曜日)で終了しました。8月1日以降は郵送による申請書をお願いします。申請期限は令和4年9月30日(金曜日)必着です。

『確認書』提出にあたっての注意点(不備の例)

確認日の記載漏れ

  • 確認日を必ず記載してください。
確認日の記載場所

確認欄のチェック漏れ

「1 確認欄」の二つの項目の両方に該当する(チェックがつく)方のみが給付対象になります。

項目1:世帯の全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けていません。

確認のポイント (以下の点を確認して下さい。)

【確認する相手は?】

  • 一緒に住んでいる親族(配偶者や親、兄弟、子どもなど)
  • 離れて暮らしている親族(配偶者や親、兄弟、子どもなど)

【確認する内容は?】

  1. あなた及びあなたと一緒に住んでいる方々(世帯)の全員が、上記の親族の『税法上の扶養』に入っていませんか
    (⇒全員が扶養されていない場合、または、どなたかが扶養に入っていない場合は、チェック欄に(レ)を記入してください)
      
  2. 全員が扶養に入っている場合、扶養主(親族)は、住民税が非課税ですか
    (⇒扶養主(親族)が住民税非課税の場合は、チェック欄に(レ)を記入してください)

 注意事項

  • 特に、離れて暮らしている親族からの扶養に入っていないかご確認ください。
  • 扶養関係の可能性のある親族が、修正申告により、令和3年度住民税が非課税から課税に変更になっていないか、念のためご確認ください。

【支給対象外の事例】

  1. 夫(課税)が単身赴任で市外に住所がある。
    妻(非課税世帯)は、住民票上、単身世帯で『確認書』が届いた。夫から税法上の扶養を受けている。
  2. 市外に住む親(課税)が市内大学生(非課税)を扶養に入れている。

世帯の中に、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている方がいる場合は、確認事項にチェックが入れられませんので、支給対象外となります。
(下記の「支給対象外の場合の『確認書』の書き方」を参照ください。)

項目2:世帯の中に、住民税課税となる所得があるのに未申告である者はいません。

確認のポイント (以下の点を確認して下さい。)

【確認する相手は?】

  • 基準日(令和3年12月10日)時点であなたと住民票上の世帯が同じ方々

【確認する内容は?】

  • あなたの世帯に、課税されるような所得(給与所得、事業所得、不動産所得など)があるにも関わらず、未申告の方はいませんか。
    (⇒未申告の方がいない場合は、チェック欄に(レ)を記入してください) 

世帯の中に、上記の点に該当する方がいる場合は、確認事項にチェックが入れられませんので、支給対象外となります。

支給対象外の場合の『確認書』の書き方

1つでも確認事項にチェックが入れられない場合は、支給対象外となりますので、表面の一番下にある「支給の辞退について」欄のチェック欄に×を記入して、返送してください。

辞退欄の書き方

『確認書』上部の切り取り

  • 『確認書』は切り取らずにご提出ください。
    確認書の上部が切り取られて送付された場合は、審査ができません。
  • 開封時に、誤って切り取ってしまった場合は、切り取った部分も同封して返送してください。

切り取った部分を紛失された場合は下記コールセンターにお問合せください。

確認書は切り取らないでください

記載間違いの訂正方法

誤った記載部分に二重線を引き、近くの余白に正しい内容を記入してください。

訂正方法

口座変更・登録に伴う書類の添付漏れ

  • 表面に印字された「振込口座」を変更する場合、又は印字がなく新たに登録する場合は、裏面に記載した口座の内容が分かる通帳又はキャッシュカードの写し(コピー)を提出してください。

よくある質問(『確認書』) 

『確認書』の送付について

 支給対象に該当するが『 確認書』が届かない (別途、申請が必要な場合)

支給対象と思われるが令和4年2月21日(月曜日)までに『確認書』が届かない場合は、下記コールセンターにお問合せください。

なお、下記の場合は、支給対象であっても確認書が送付されていないことがあります。
これらの場合は、令和4年9月30日までに別途申請が必要になりますので、北九州市臨時特別給付金コールセンターへご連絡ください。

  • 令和3年1月2日から同年12月10日(基準日)の間に北九州市に転入された方を含む世帯
  • 令和3年12月11日(基準日の翌日)以降に北九州市に転入届を行い、その異動日が令和3年12月10日(基準日)以前となる方を含む世帯
  • 修正申告等により、令和3年度住民税非課税世帯になった。
  • 令和3年1月1日から基準日(令和3年12月10日)以前に配偶者と離婚し、本人の世帯が令和3年度の住民税非課税世帯である。
支給要件 (申請される前にご確認をお願いします!)

 下記の要件のすべてにあてはまる世帯が支給対象です。

  • 基準日(令和3年12月10日)時点で北九州市に住民票がある世帯である
  • 世帯の全員が令和3年度分の住民税非課税者である
  • 世帯の全員が住民税課税者に扶養されていない世帯である
  • 既に北九州市及び他市町村で「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」の支給を受けた世帯、または当該世帯の世帯主であったものを含む世帯ではない

 (注)支給要件の確認方法については、「よくある質問」(Q2-1、Q2-2等)をご確認ください。

『確認書』はどこに送付したのか

令和4年1月下旬の時点で住民票に記載されている住所に送付しています。

基準日(令和3年12月10日)以降に転居したが、確認書は新住所に送付されているか

令和4年1月下旬までに届け出のあった新住所に送付しております。

『確認書』の記載内容、記載方法等について

令和2年度の特別定額給付金で口座振込されたのに、『確認書』の振込口座欄が空欄になっているのはなぜか

令和2年度の特別定額給付金支給の際にオンライン申請を行っていただいた方のうち、特に初期にお申し込みをされた方について、国のシステムの不具合の影響を受け、本市のシステムへの口座情報の取り込みができていない事象が発生しています。

大変お手数ですが、『確認書』(裏面)に振込を希望する口座情報等を記載し、通帳又はキャッシュカードの写しを同封の上、返信用封筒にて返送をお願いします。

『確認書』を書き間違えてしまった

書き間違えた部分を2重線で消し、その近くの余白に正しい内容を記入してください。

『確認書』を破いてしまった・汚してしまった

【破いてしまった場合】
破いてしまった部分も合わせて返送してください。
住所・氏名、お問い合わせ番号、バーコードが表示してある部分があれば、審査が可能です。
(バーコード等が表示された部分を紛失してしまった場合は再発行する手続きが必要になりますので、下記コールセンターにお問い合わせください。)

【汚してしまった場合】
住所・氏名、口座情報、お問い合わせ番号などの記載部分が汚れてしまった場合は、余白に分かるように書いてください。

ゆうちょ銀行の振込口座が間違って表示されているのではないか

『確認書』に記載されているゆうちょ銀行の振込口座の表示は、銀行間で振り込みが可能になるように変換された後の表示を行っており、誤りではありません。

(表示例)下図もご参照ください。
お手元のゆうちょ銀行の通帳に「記号17440 番号12345671」と記載されている場合、『確認書』の振込口座の欄では、「748―****567」と表示されています。
これは「店番748」と「口座番号1234567」を並べて表示し、口座番号の上4桁をアスタリスク(*)で隠したものです。

なお、『確認書』に印字されている振込口座を変更する場合、もしくは振込口座が記載されていない場合で、ゆうちょ銀行への振込を希望する場合は、『確認書』裏面の「2 口座の登録・変更について」のゆうちょ銀行の欄に、通帳に記載されている「記号と番号」をそのまま記入し、通帳(見開き1ページ目)もしくはキャッシュカードの写しを添付して、返送してください。

提出後について

『確認書』の提出後、記載誤り・添付書類の不備を発見した

提出された確認書等で不備があるものについては、郵送にて返却しますので、不備の部分を修正等いただき、返信用封筒にて速やかに返送をお願いします。

オンライン申請したが、ちゃんとできているのか知りたい。

オンライン申請時にメールアドレスを登録した方には、申請完了のお知らせが届きますのでご確認ください。
【注意】メールアドレスの登録誤りが多くみられます。お間違いのないよう入力をお願いします。

メールアドレスを登録していない方は、10日程度お待ちいただき、振り込みがない場合はコールセンターにご連絡ください。
その際、『確認書』に記載している「お問い合わせ番号」が必要になりますので、捨てずにお持ちください。

その他の質問

上記以外の「よくある質問」はこちらをご確認ください

お問い合わせ先

北九州市臨時特別給付金コールセンター

 電話番号(フリーダイヤル):0120-034-553

 受付時間:平日の午前9時から午後5時まで

多言語対応による電話通訳サービス

 北九州市臨時特別給付金コールセンターと通訳者の三者間通話により、多言語の相談や問い合わせ等に対応します。
 専用電話番号:092-688-9308
 詳しくは「北九州市臨時特別給付金 多言語電話通訳サービスについて」へ

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター(内閣府)

 電話番号(フリーダイヤル):0120-526-145

 受付時間:午前9時から午後8時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局総務課(給付金担当ライン)
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:0120-034-553(9時から17時)

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。