ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 食品衛生 > 食品衛生のお知らせ・募集 > 計画停電における食品等の温度管理について
ページ本文

計画停電における食品等の温度管理について

更新日 : 2019年3月15日

 計画停電が実施された場合、冷蔵冷凍設備が停止するため、食品の適正な温度管理ができなくなるおそれがあります。
 また、電気コンロや給湯設備、電灯も使えなくなります。
 以下の点に注意して、食品衛生に気をつけてください。

消費者の皆様へ

  1. 冷蔵冷凍設備のドアの開閉は行わないようにしましょう。
  2. 食品の作りおきはしないようにしましょう。
  3. 停電中の調理は避けるようにしましょう。
  4. 調理時は、加熱を十分に行いましょう。
  5. 停電後、冷蔵庫・冷凍庫の設定、作動に注意しましょう。
  6. 計画的に買い物をし、余計な物を買い過ぎないにしましょう。

事業者の皆様へ

事前準備

  1. 計画停電の有無、時間帯について、正確な情報を収集しておきましょう。
  2. 冷蔵冷凍設備の中の整理をしておきましょう。あまりものを詰め過ぎないようにしましょう。
  3. 冷蔵冷凍設備の中の温度を普段から確認しておきましょう。
  4. 保冷剤を作っておきましょう。ペットボトルに水を入れて凍らせておくと、保冷剤代わりになります。
    (水は凍ると膨張するので、ペットボトルは少し凹ませてから、水を入れて凍らせるようにしましょう)

停電前

  1. 冷蔵冷凍設備をあらかじめ冷やすため、強く冷えるように温度を設定しましょう。
  2. 準備しておいた保冷剤を冷蔵冷凍設備に詰め込みましょう。ドライアイスだとより効果的です。
  3. 停電中に調理や販売などで必要なものは、できるだけ冷蔵庫以外のクーラーボックス等を用意し、保管するようにしましょう。停電中に冷蔵冷凍設備を開閉しなくて良くなり、他の食品の温度上昇を避けることができます。

停電中

  1. 冷蔵冷凍設備の開閉はできるだけ控えましょう。
  2. 調理はできるだけ控えましょう。
  3. 食品の加熱は十分にしましょう。

停電終了後

  1. 自動的に冷蔵庫が再稼動されているか、確認をしましょう。
  2. 冷蔵冷凍設備に異常がないか、温度計で確認しましょう。
  3. 冷蔵冷凍設備に入れてあった食品を確認し、品質に問題があれば廃棄しましょう。
  4. 一度解凍されてしまった食料品は、再凍結せず、当日中に利用しましょう。

停電状態の冷蔵冷凍庫内の温度変化について

 もし計画停電が起こったら、冷蔵冷凍設備内の温度変化はどうなるか、簡単な実験をしました。

使用した冷蔵冷凍庫:National NR-D43ETA-H 

(冷蔵室容量:323L、冷凍室容量:107L) 

結果が以下のグラフです。(※クリックをすると、拡大されます。)

冷蔵庫内の温度変化
冷蔵庫内の温度変化(JPG形式、11.1キロバイト)
冷凍庫内の温度変化
冷凍庫内の温度変化(JPG形式、14.1キロバイト)
冷蔵庫内の牛乳の温度変化
冷蔵庫内の牛乳の温度変化(JPG形式、11.2キロバイト)

 一般的な家庭用冷蔵冷凍庫を用いた、庫内および食品温度の経時的な変化の測定実験概要

  1. 食品や保冷剤などを冷蔵庫もしくは冷凍庫に入れ、庫内温度が一定になるまで待つ。
  2. 冷凍冷蔵庫の電源を落とし、温度変化を記録する。
  • 冷蔵冷凍庫の開閉はまったくしない。
  • 食品は温度上昇によって品質保持が難しいとされる牛乳を用いた。(500ml、開封)

 グラフのデータから分かるとおり、冷蔵冷凍庫内の温度は停電後上昇していますが、保冷剤を入れると温度の上昇を抑えることができました。
 冷蔵庫内温度に至っては、保冷剤を敷き詰めることで緩やかに温度が下がっていることが分かります。

 以上から、計画停電になった際には、あらかじめ保冷剤を冷蔵冷凍庫に入れておくことが、食品の品質保持において大変有効であると言えます。

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部東部生活衛生課
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8728 FAX:093-522-8775

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。