ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 感染症対策のお願いについて
ページ本文

感染症対策のお願いについて

更新日 : 2021年4月2日

 新年度となり、入学や入社、転勤等で人の移動が活発になり、また、様々な行事の開催が見込まれます。
 感染拡大防止のためには、改めて新型コロナウイルス感染防止対策の徹底が必要です。
 そこで、下記の点にご留意頂き、感染拡大防止にご協力をお願いします。

1.基本的な感染防止対策の実施

【 5つの行動目標 】

 これまで本市においては、市民の皆様に「5つの行動目標」へのご協力をお願いしてまいりましたが、この行動目標は、季節を問わず新型コロナウイルス感染防止対策として有効なものです。

 改めてこの行動目標を再確認して頂き、これまでと同様に新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力をお願いします。 

 【北九州市 あなたとあなたの大切な人を守る、5つの行動目標】

  1. 外出するときはマスクの着用
  2. 人との距離をしっかり確保
  3. こまめに手洗い
  4. 発症した時のために、自分の行動をしっかりと記録
  5. 発熱等があるときは、事前に電話をしてから、病院に行く

2.新年度になって行われる行事等について

感染再拡大を防ぐために
  1.  新年度となり、入学や入社、転勤等で人の移動が活発になり、また、入学式等の行事の開催が見込まれます。こうした行事については、感染防止を徹底するとともに、人と人との間隔を十分に確保する等、適切な開催方法を検討してください。
  2.  特に、より多くの人が集まる行事、例えば、大学の入学式などは適切な開催を慎重に判断してください。
  3.  飲食につながる歓送迎会、お花見に伴う宴会及びこれに類するものについては、感染リスクが高まることが憂慮されるため、自粛を含め慎重な判断をお願いします。
  4.  旅行については、若者が感染に気付かず活発に移動することにより、高齢者等に感染を広げてしまう場合もあります。こうした実情を踏まえ、自粛を含め、慎重な判断をお願いします。

3.感染リスクが高まる「5つの場面」について

 新型コロナウイルス感染症対策分科会により提言としてまとめられた感染リスクが高まる「5つの場面」をご紹介します。

感染リスクが高まる「5つの場面」とは

 下記の「5つ場面」が感染リスクが高まると言われています。

【場面1】 飲酒を伴う懇親会等

  • 飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。
  • 特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
  • また、回し飲みや箸などの共用は感染のリスクを高める。

【場面2】 大人数や長時間におよぶ飲食

  • 長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
  • 大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

【場面3】 マスクなしでの会話

  • マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
  • マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
  • 車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

【場面4】 狭い空間での共同生活

  • 狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
  • 寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

【場面5】居場所の切り替わり

  • 仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
  • 休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

このページの作成者

新型コロナウイルス感染症対策室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:0570-093-567 FAX:093-582-3689

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。